コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

鶴田謙二と西炯子が文庫の表紙を描き下ろし

東京創元社では、文庫創刊50周年を記念したフェアを開催中。マンガ家の鶴田謙二西炯子、イラストレーターの寺田克也、中村佑介、アランジアロンゾの5名が表紙を描き下ろした、特別バージョンの文庫本を販売する。

担当した作品はそれぞれ、鶴田はコナン・ドイルの「四人の署名」を、西がモーリス・ルブランの「怪盗紳士リュパン」を、寺田がメアリ・シェリーの「フランケンシュタイン」を、中村が江戸川乱歩の「D坂の殺人事件」を、アランジアロンゾがコナン・ドイルの「失われた世界」を手がけた。

このイラストを使用したバージョンは、4月より1年間限定での販売となる。また期間中は通常バージョンの表紙は購入できなくなるのでご注意を。

コミックナタリーをフォロー