かどたひろしが池波正太郎の短編をマンガ化、上意討ちに悩む武士描く

54

本日7月13日発売のコミック乱ツインズ8月号(リイド社)には、池波正太郎原作によるかどたひろし「上意討ち」が読み切りとして掲載されている。

「上意討ち」のカット。

「上意討ち」のカット。

大きなサイズで見る(全3件)

同作は主君から、気の進まない上意討ちを命じられた武士の揺れ動く心情を描いた1編。池波の短編をさまざまな作家がマンガ化する「池波正太郎 時代劇スペシャル」の一環として執筆された。なお8月12日発売の同誌9月号には「池波正太郎 時代劇スペシャル」の第4弾として、「拳児」「ジーザス」などで知られる藤原芳秀の作画による「戦陣眼鏡」が収められる。

この記事の画像(全3件)

かどたひろしのほかの記事

リンク