「修羅の門 第弐門」次号で完結!約4年半の連載に幕

249

川原正敏「修羅の門 第弐門」が、6月5日に発売される月刊少年マガジン7月号(講談社)にて最終回を迎える。

川原正敏「修羅の門 第弐門」16巻

川原正敏「修羅の門 第弐門」16巻

大きなサイズで見る(全2件)

「修羅の門 第弐門」は、無敗を誇る伝説の流派・陸奥圓明流の継承者陸奥九十九が、世界各地で最強の男たちと命を賭して戦う格闘マンガ「修羅の門」の続編。1987年から1996年に月マガにて連載された前作より約14年の時を経て、2010年10月に復活。約4年半にわたり連載された。

本日5月2日に発売された月マガ6月号には、巻頭カラーで登場。次号は表紙を飾るほか、川原の次回作についても明らかになる予定だ。

この記事の画像(全2件)

川原正敏のほかの記事

リンク