コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ゲッサン第3陣は伊藤潤二、アントンシク、ながいけん

毎週水曜に連載作家陣の発表を行っている月刊少年サンデー(小学館)のウェブサイトで、アントンシクながいけん、木原浩勝×伊藤潤二の参戦が発表された。

注目は新耳袋シリーズなどで知られる木原と「うずまき」伊藤による共同作品。ホラー好きにはたまらないスペシャルタッグがどのような作品を発表するのか。

また小学館初参戦となるアントンシクは、2006年にデビューしたばかりの新人ながら、すでにデビュー作「ガゴゼ」全5巻が幻冬舎コミックスより発売中。印象的な絵柄とアクの強いキャラクターが注目を集めている。

そして1996年から2000年まで、週刊少年サンデー(小学館)にて「神聖モテモテ王国」を連載していたながいけんが満を持してゲッサンに登場。独特のギャグセンスと世界観でコアなファンを多く持つながいが、ゲッサンでどんな作品を描くのか。

続々と発表されるゲッサン執筆陣。すでに3分の1が発表され、残す枠は13となった。次回3月25日の更新にますます期待が高まる。

コミックナタリーをフォロー