コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ビリギャル」マンガ版がLaLa DXで開始、有村架純主演映画の公開も間近

72

「ビリギャル~学年ビリからの慶應大学合格記~」扉イラスト

「ビリギャル~学年ビリからの慶應大学合格記~」扉イラスト

本日4月10日に発売されたLaLa DX5月号(白泉社)にて、坪田信貴「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」のコミカライズ版「ビリギャル~学年ビリからの慶應大学合格記~」が新連載としてスタートした。作画を手がけるのはナッツ。

「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」は、学年ビリの金髪ギャル・さやかが、進学塾の教師と出会い慶應義塾大学現役合格に挑戦する、実話をもとにしたストーリー。有村架純主演で映画化も決定しており、5月1日に公開される。マンガ版の第1話は巻頭カラー50ページで掲載された。

このほかLaLa DX5月号には、緑川ゆき「夏目友人帳」の、伝言が水に溶けるメモが付属。林みかせ「うそカノ」の特別編も掲載されている。

コミックナタリーをフォロー