コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「絶対ナル孤独者」コミカライズなど、大王が3カ月で新連載7本を立ち上げ

70

月刊コミック電撃大王(KADOKAWA アスキー・メディアワークス)が、6月号から8月号にかけて計7本の新連載を立ち上げる。

6月号では「百合星人ナオコサン」のkashmirによる「ゆせそま。」をはじめ、仲谷鳰「やがて君になる」、相沢沙呼原作によるはま「現代魔女の就職事情」の3本が一挙スタート。7月号では青インク「ある日、ぼくたちは【聖戦士】に選ばれました。敵は【悪の宇宙人】です。(仮)」、七介「怪滅王と12人の星の巫女」が開始する。そして新連載攻勢のトリを飾る8月号には、柊ゆたか「ふたりごはん(仮)」、川原礫による小説「絶対ナル孤独者≪アイソレータ≫」のコミカライズがラインナップされた。

「絶対ナル孤独者≪アイソレータ≫」は地球外有機生命体が都市部に落下し、接触した人間が超常的な能力を手に入れたことから始まる異能力バトルもの。コミカライズは越水ナオキが手がける。

月刊コミック電撃大王6月号(2015年4月27日発売)

kashmir「ゆせそま。」
仲谷鳰「やがて君になる」
相沢沙呼原作・はま「現代魔女の就職事情」

月刊コミック電撃大王7月号(2015年5月27日発売)

青インク「ある日、ぼくたちは【聖戦士】に選ばれました。敵は【悪の宇宙人】です。(仮)」
七介「怪滅王と12人の星の巫女」

月刊コミック電撃大王8月号(2015年6月27日発売)

柊ゆたか「ふたりごはん(仮)」
川原礫原作・シメジキャラクターデザイン・越水ナオキ作画「絶対ナル孤独者≪アイソレータ≫」

コミックナタリーをフォロー