コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「境界のRINNE」試写会にキャスト陣、石川界人は黄泉の羽織&死神のカマで登場

465

「境界のRINNE」試写会での会見の様子。左から生天目仁美(六文役)、石川界人(六道りんね役)、井上麻里奈(真宮桜役)。

「境界のRINNE」試写会での会見の様子。左から生天目仁美(六文役)、石川界人(六道りんね役)、井上麻里奈(真宮桜役)。

高橋留美子原作によるTVアニメ「境界のRINNE」1話の完成披露試写会と記者会見が本日3月12日に都内で行われ、主演の石川界人をはじめとするキャストとスタッフが登壇した。

会見には主人公の六道りんね役を務める石川のほか、真宮桜役の井上麻里奈、六文役の生天目仁美、菅原静貴監督、NHKの柏木敦子チーフプロデューサーが登場。劇中でりんねが着ている「黄泉の羽織」を着て現れた石川は、りんね役を担当することについて「僕はちょうどアニメの『犬夜叉』世代。声優になって間もないのに、高橋留美子先生が原作を務められたアニメに関われるのは非常に光栄です」と喜びを語った。

またりんねの死神道具の中で使ってみたいものについて問われ、生天目は「九十九神シールが使ってみたいです! 家にあるものに貼っていろいろ聞きたい」と即答。石川は「いろいろありましたよね!」と狼狽するも「やはり死神のカマは振ってみたいですね」と答え、井上も「黄泉の羽織で幽体化したい。電車が楽になりそう」と実体験に基づく答えを話す。

さらにさまざまな霊が登場するアニメにちなみ、そういった不思議な体験ははあるかという質問も。石川はある先輩声優の家に行った際に肩が重くなり、盛り塩によって難を逃れたというエピソードを臨場感たっぷりに披露。さらに井上も幽霊がいると噂のスタジオでの出来事を語ってのけ、会場は怪談ライブのような雰囲気に包まれた。

また写真撮影時には実物大の「死神のカマ」も登場。石川は「すごいな! でも意外と軽いです」と声を上げつつ、大きな得物の扱いに悪戦苦闘していた。アニメは4月4日より、NHK Eテレにて放映をスタートする。

コミックナタリーをフォロー