コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「血界戦線」アニメのオリジナルキャラに釘宮理恵、先行上映会も実施

433

内藤泰弘原作によるTVアニメ「血界戦線」の新たな配役が発表された。阪口大助演じるレオの前に現れる謎多き美女・ホワイト役を釘宮理恵が担当する。

ホワイトはアニメの監督を務める松本理恵が原案を描き起こし、内藤の監修を受け誕生したキャラクター。内藤はホワイトについて「彼女がレオ達と出会いどんな化学反応を起こしてくれるのか、今からとても楽しみです」とコメントを寄せている。

「血界戦線」は4月4日のMBSでの放送を皮切りに、TOKYO MX、BS11でも放送。またバンダイチャンネルなどでの配信も決定した。このほか3月21日にはお台場シネマメディアージュにて第1話、2話の先行上映会とキャストによるトークショーを実施。チケットは3月7日よりチケットぴあにて販売される。

内藤泰弘コメント

監督の内面から湧き出てきたキャラクター、ホワイトは
なかなか全貌を掴ませてくれない不思議な少女です。
彼女がレオ達と出会いどんな化学反応を起こしてくれるのか、
今からとても楽しみです。

TVアニメ「血界戦線」第1話&第2話先行上映会

日時:2015年3月21日(土)18:30開場(予定)、19:00開演、20:30終演(予定)
会場:お台場シネマメディアージュ スクリーン1
料金:2000円
出演:小山力也、阪口大助、中井和哉、小林ゆう、内田雄馬
MC:村田晴郎

コミックナタリーをフォロー