コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「世界の終わりのいずこねこ」を西島大介がコミカライズ

89

「世界の終わりのいずこねこ」バナー

「世界の終わりのいずこねこ」バナー

西島大介の新連載「世界の終わりのいずこねこ」が、本日11月28日にWEBマガジン・ぽこぽこにてスタートした。

「世界の終わりのいずこねこ」は、いずこねこ主演により来春公開予定の同名映画をコミカライズしたもの。2035年、かつての「東京」が姿を消した後の「関西新東京市」を舞台に、“アイドルが存在しない世界”を生きる少女・イツ子とスウ子の運命を描くディストピアSFだ。

西島は映画に共同脚本、および出演者として携わっている。コミカライズ版では蒼波純演じるスウ子のアナザーストーリーを大幅に追加しているほか、ライムベリー、ゆるめるモ!など映画に出演しているアイドルも登場する予定だ。

コミックナタリーをフォロー