コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

生田斗真&小栗旬出演ドラマ「ウロボロス」日比野役の上野樹里ら発表

370

神崎裕也「ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―」を原作とした連続TVドラマ「ウロボロス」の追加キャストが発表された。

本作のヒロインであり、生田斗真演じる主人公の刑事・龍崎イクオのもうひとりの相棒である日比野美月役を演じるのは上野樹里。東大出のエリートキャリアでありながら所轄署でイクオとタッグを組み、普段はパッとしない彼に苛立ちながらも、イクオの“もうひとつの顔”に気付く鋭い女性として描かれる。刑事役に挑戦するのは初となる上野が見せる、新しい一面に注目だ。

そのほかイクオと美月の上司である刑事課課長・三島薫役には吉田鋼太郎、イクオや美月の能力をいち早く認める警視庁捜査一課の美人管理官・橘都美子役には吉田羊、小栗旬演じるヤクザの段野竜哉を執拗に追うエリート刑事・蝶野真一役には滝藤賢一、美月の父である警視庁の監察官・日比野圀彦役には光石研がそれぞれキャスティングされた。さらに警視庁随一の情報通である警視庁人事課警部補・田村小夏役は、映画「TOKYO TRIBE」で注目を集めた若手女優・清野菜名が演じる。

「ウロボロス」は大事な人を殺されたふたりの男がそれぞれ刑事とヤクザになって、事件をもみ消した警察への復讐を目論む物語。ドラマはTBS系列の“金曜ドラマ”枠にて、2015年の冬に放送される。

上野樹里コメント

これまで刑事役というと演じることに少し抵抗がありました。今回演じる日比野美月は曲がったことが嫌いでまっすぐな女の子でありながら、嫌味なところがありません。彼女は理性的で状況をよく見て「それはそれ、これはこれ」と淡々とものごとを判断しています。その一方で、刑事としてイクオに対して心の中でどんどん疑惑が膨らんでいくにも関わらず、黙っているところがとても人間的な感じがします。イクオに魅かれていくことと、イクオを疑うこと。正反対のこのふたつのことが、美月の心の中にどのように在るのか。彼女の心理状態に、刑事としてというより人間としての魅力を感じて、抵抗なく刑事という役を受け入れることが出来ました。
一人は刑事になり、一人はヤクザになり、周りに対して演技をしながら真実を探していく…こういう状況って、私が視聴者なら見ていて、ハラハラ感があって面白く、のめりこむと思います。私自身も、今までとはまた違った面をこのサスペンスで見せられるのが楽しみです。

コミックナタリーをフォロー