コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

浦沢×手塚「PLUTO」、森山未來主演で舞台化

347

浦沢直樹×手塚治虫、長崎尚志プロデュースによる「PLUTO」の舞台化が決定した。2015年1月から2月にかけ「プルートゥ PLUTO」のタイトルで、東京のBunkamuraシアターコクーンと大阪の森ノ宮ピロティホールにてそれぞれ上演される。

「鉄腕アトム」の中の1エピソード「地上最大のロボット」を、浦沢とストーリー共同制作の長崎が手塚眞の監修を受けてリメイクした「PLUTO」。舞台版ではアトム役を森山未來、ゲジヒト役を寺脇康文、ウランとゲジヒトの妻・ヘレナの2役を永作博美、天馬博士役を柄本明、アブラー役を松重豊、お茶の水博士役を吉見一豊がそれぞれ演じる。そのほか上月一臣、原田みのる、池島優、大宮大奨、渋谷亘宏、鈴木竜、AYUMIといった面々が出演陣に名前を連ねた。

演出と振付は、手塚をテーマにしたダンス作品「テヅカ TeZukA」で森山とタッグを組んだ振付師のシディ・ラルビ・シェルカウイが手がける。チケットは10月25日より、各種プレイガイドにて一般販売をスタート。

森山未來(アトム役)コメント

『PLUTO』は以前から読ませて頂いていました。自身が敬愛する手塚治虫氏の作品を下敷きにしながら、浦沢直樹氏による大胆でそれでいて緻密なストーリー展開とキャラクター造形の新解釈に非常に興奮したことを覚えています。

また、文化交流使の活動報告の一つとして『PLUTO』を日本の観客の皆様に提示できることを嬉しく思うと同時に、この作品のクリエーションが、一年を通じて変化してきたであろう自分自身を見つめる良い機会になればと考えています。

ラルビが『TeZukA』に続き、日本の漫画を題材に選んで作品を創作する。とても有意義な試みになると信じています。大きなストーリーの流れや社会的なテーマを見せたかと思えば、次の瞬間には原子や分子の世界が繰り広げられたり……ラルビの作品は常にミクロとマクロを行き来しながら、その間に置かれた人間の存在を見せているような気がします。

『TeZukA』でのクリエーションを体験して以来、ずっと、もう一度ラルビと何かやりたいという気持ちは持ち続けてきました。今回はいわゆる「ダンス」ではなく、「演劇」をつくることになりましたが、きっと素敵なものができあがるはずです。ラルビの稽古場では、 瞬発力も勇気も必要ですが、コミュニケーションを深めてきた今では、自分なりに、難しく考えすぎず、楽に居られる方法も分かってきたので、この『PLUTO』では、前回よりもっと深く、クリエーションに関わっていければいいなと思います。

シディ・ラルビ・シェルカウイ(演出・振付)コメント

「ロボットは人間と同じなのか」。

手塚治虫さんの原作に描かれ、浦沢直樹さん達がさらに深められたこのテーマに対する私の答えは、Yesです。彼らは人間に奴隷扱いされているにもかかわらず、人類を救うために学び、人類より優れた存在であろうとします。彼らは、私たち人間が忘れてしまいがちな、相手の身になって考えることの尊さを、教えてくれるのです。

『PLUTO』は聖書レベルの強力な物語です。非常に政治的で、父子関係に焦点が当てられ、人間のロボットに対するアパルトヘイトを描いてもいる。あまりにも濃厚な内容を持つこの物語を、これまで私が培ってきたダンス、演劇、映画、そして日本での経験を総動員することで、舞台化できると確信しています。

舞台「プルートゥ PLUTO」

原作:「PLUTO」 (鉄腕アトム「地上最大のロボット」より)

浦沢直樹×手塚治虫
長崎尚志プロデュース
監修:手塚眞
協力:手塚プロダクション

キャスト

アトム:森山未來
ウラン&ヘレナ:永作博美(一人二役)
天馬博士:柄本明
お茶の水博士:吉見一豊
アブラー:松重豊
ゲジヒト:寺脇康文

上月一臣、原田みのる、池島 優、大宮大奨、渋谷亘宏、鈴木竜、AYUMI ほか

スタッフ

演出・振付:シディ・ラルビ・シェルカウイ
上演台本:谷賢一
映像・装置:上田大樹
照明:ウィリー・セッサ
音楽:吉井盛悟、オルガ・ヴォイチェホヴスカ
音響:井上正弘
キャラクタービジュアル・コスチュームデザイン・ヘアメイクデザイン:柘植伊佐夫
演出助手:長町多寿子
舞台監督:足立充章
企画協力:伊藤事務所
協力:小学館
東京公演主催:Bunkamura/TBS
大阪公演主催:サンライズプロモーション大阪
企画・製作:Bunkamura

公演概要

東京公演

日程:2015年1月9日(金)~2月1日(日)
会場:Bunkamura シアターコクーン
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1
料金:S席1万500円、A席8000円、コクーンシート6000円

大阪公演

日程:2015年2月6日(金)~2月11日(水・祝)
会場:森ノ宮ピロティホール
住所:大阪市中央区森ノ宮中央1-17-5
料金:1万円

コミックナタリーをフォロー