コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

セガハード擬人化アニメを田中圭一らマンガ化

179

セガのゲーム機を擬人化したアニメ「Hi☆sCoool! セハガール」が10月よりテレビ放送される。アニメに先駆けてコミカライズの連載が、本日8月27日に発売された月刊電撃マオウ10月号(アスキー・メディアワークス)にてスタートした。

アニメ版は学園モノという設定だが、コミカライズ版では「ちきう☆防衛隊! セハガール」のタイトルで、防衛隊になったセガ・ハード・ガールズが描かれる。脚本は放送作家の岐部昌幸が手がけ、執筆するマンガ家は毎回リレー形式で変更されていく。記念すべき第1回目は、手塚治虫ネタなどで知られるパロディの大御所・田中圭一が執筆。次回は葉生田采丸が描き手を務め、以降もサムシング吉松押切蓮介などの登場が予定されている。

なお月刊電撃マオウ10月号では、ATLUS原作によるあかうめ「ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス -Roundabout-」の連載も開始した。小さくデフォルメされた「ペルソナ」キャラたちを描くショートコメディだ。

コミックナタリーをフォロー