あかほり原作の異色ラブストーリーなど、大王で新連載3本

50

月刊コミック電撃大王8月号(アスキー・メディアワークス)が、本日6月27日に発売された。今号には3本の新連載がラインナップされている。

あかほりさとる原作・印南遊脚本協力・つねよし作画「誰も知らない塔のある町」カット。

あかほりさとる原作・印南遊脚本協力・つねよし作画「誰も知らない塔のある町」カット。

大きなサイズで見る(全4件)

巻頭カラーを飾った田中ロミオ原作による筒井大志「ミサイルとプランクトン」は、自由奔放に生きる天才少年が作った部活「ミサイル部」を舞台にした青春ストーリー。実動ミサイルを自分たちの手で作る学生たちが、人間関係や恋模様に悩む姿を描いている。同作は過去に読み切りで好評を博しており、ファンには待望の連載化といえよう。

あかほりさとる原作、印南遊脚本協力、つねよし作画「誰も知らない塔のある町」は、3人の少年少女を描いたラブストーリー。高校生たちの日常が、街に怪しげな塔が出現したことで崩れていく。支倉凍砂原作・松風水蓮作画による「少女は書架の海で眠る」は、ライトノベル「マグダラで眠れ」のスピンオフ作品だ。

なお、2014年で創刊20周年を迎えた電撃大王は「建国20周年」記念のプレゼントキャンペーンを開催中。対象商品に付属する応募券を集めた枚数に応じて、連載作家の直筆サイン色紙など豪華プレゼントを用意している。申し込み期間は8月26日まで。詳細は誌面と特設サイトで確認を。

この記事の画像(全4件)

筒井大志のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 筒井大志 / 松風水蓮 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。