コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

鳥野しの&元町夏央がジャンプ改で新連載、過去号の配信も

49

本日2月10日に発売されたジャンプ改3月号(集英社)にて、鳥野しのによるシリーズ連載「手紙物語」と、元町夏央「南紀の台所」の新連載2作がスタートした。

鳥野の「手紙物語」は、手紙にまつわる小さな謎を紐解いていく物語。第1話では恋多き人気作家が、最後に遺した手紙の秘密が明かされる。元町が手がける「南紀の台所」の舞台は、紀伊半島に位置する人口約60名の小さな集落。東京から引っ越してきた新米夫婦の織り成す田舎暮らしが描かれる。

また今号にはカサハラテツローの前後編読み切り「ルトラの書店員」の前編が掲載されているほか、西島大介「Young, Alive, in Love」が最終回を迎えた。3月10日発売の次号ジャンプ改4月号では、志村貴子「娘の家出」と江戸川治「仁義なき吉田家」の2本が新連載として始動する。

なお週刊少年ジャンプ(集英社)のアプリ増刊「ジャンプLIVE」では、ジャンプ改のバックナンバーを毎週土曜日に無料で配信中。2月1日に2012年5月号が、2月8日に6月号がそれぞれ公開されている。公開期間は配信日から2週間。有料パスは不要なので、気軽に試し読みしてみては。

コミックナタリーをフォロー