アシュベル

私とペット 第10回 [バックナンバー]

悠木碧×アシュベル

こんな私でもお仕えさせていただけること、この上ない光栄でございます

343

「おうち時間をともにする愛するペットを、思う存分自慢してもらいたい!」をテーマに展開中の、コミックナタリーのコラム連載「私とペット」。第10回には声優・アーティストとして活躍中の悠木碧が登場。彼女のファンにはお馴染み、“王”ことアシュベルとの日々を語ってもらった。

取材 ・構成 / 増田桃子

名前

アシュベル。アシュくん、アシュ、王、などと呼ばれています。

アシュベル

アシュベル

種別

マンチカン(♂)

誕生日 / 年齢

9歳

初めて出会った日

幼年期から家臣と領土をよくご存知でらっしゃいました。初日からなんの躊躇もなくガンガンケージの外に出てきて勝手に母や私の荷物の中に入ったり、膝に乗っかってくる豪胆さ。ご飯もよく食べ、トイレもバッチリ。非常に聡明なお方です。

アシュベル

アシュベル

好きな食べ物

ちゅ~るが本当にお好きなようで、目の色を変えて文字通り飛びついてらっしゃいます。ほかには、豆類が好きらしく、小豆やきな粉、枝豆などを食べていると勅令(奇襲して勝手に食べちゃう)を賜りがちなので、我々が豆類を食べるときは王にはステイホームしていただいています。

好きな遊び

お気に入りの玩具があります。よくしなる針金の先に丸い玩具がついていて、これを父が手にした瞬間、猫ではない何かもっとやばい獣に豹変します。王は遊びにも本気ですから、生半可な武術の私や母では相手にならないようです。なので、我が家で王と遊べるのは父だけです。

チャームポイント

短いおみ足……はマンチカン共通かと思うのですが、白いもふもふの毛並みとピンクのおはなとお耳、青い目なんかは王特有じゃないかと。

アシュベル

アシュベル

好きなところ

声が渋いところ。美少女めいたルックスの王ですが、御歳9歳のおじ様なので、声はしゃがれていて低いです。ゴロゴロ音なんて雷の予兆を彷彿とさせる威厳です。そのギャップにやられます。

定番の過ごし方

父母と「あつ森」をしていると、除け者にされている気分らしく、私のSwitchと私の間に滑り込んできたり、父がトイレに立った隙に父の椅子を占領してみたりしています。時々台所に乗って母の気を引こうとしたりもしますが、母を本気で怒らせると王だけでなく私と父も怒られるので、全力でお控えいただいてます。

ペットに対する思い

自由にのびのび暮らす王の姿は、憧れであり癒しです。彼の仕事は、幸福に暮らすことだけだというのに、時たま家臣の私たちを心配してくれたり、元気づけてくれたりさえします。
ノロウイルスでのたうち回っている私の腹に乗って温めてくれたり、ガチャで失敗して廃人化した私の背中に乗って喉を鳴らしてくれたり。調子悪いときの私の体温が、彼の心地よいと思える温度とマッチしているのか、実はせせら笑っているのか、それとも本当に心配してくれているのか。
たまに都合よく思い込んで、時にはわかり合えた気持ちになってみたりして、ああ、私はかくも愚かな生き物ですね、王。こんな私でもお仕えさせていただけること、この上ない光栄でございます。

アシュベル

アシュベル

読者へのメッセージ

それぞれのご家庭の王様が、それぞれに、世界で一番幸せな王様でありますように。

悠木碧(ユウキアオイ)

悠木碧

悠木碧

3月27日生まれ、千葉県出身の声優・歌手。4歳の頃から子役として活動し、2003年にTVアニメ「キノの旅 -the Beautiful World-」で声優デビュー。代表作に「魔法少女まどか☆マギカ」の鹿目まどか役、「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズの立花響役、「幼女戦記」ターニャ・デグレチャフ役、「ブギーポップは笑わない」ブギーポップ/宮下藤花役など多数。

バックナンバー

この記事の画像(全5件)

悠木碧のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 悠木碧 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。