音楽ナタリー

劇場版「名探偵コナン」最新作主題歌はいきものがかり

322

4月14日に全国公開されるアニメ映画「名探偵コナン 11人目のストライカー」の主題歌に、いきものがかりの書き下ろし新曲「ハルウタ」が決定した。

劇場版「コナン」最新作となる今回の映画は、Jリーグを舞台に起きた難事件に主人公の江戸川コナンが挑むストーリー。制作にはJリーグが全面協力しており、遠藤保仁(ガンバ大阪)、今野泰幸(ガンバ大阪)、中村憲剛(川崎フロンターレ)、楢崎正剛(名古屋グランパス)、三浦知良(横浜FC)といった実在のJリーガーも本人役で声優に初挑戦した。

主題歌「ハルウタ」は、山下穂尊(G)が書き下ろしたナンバー。いきものがかりに主題歌を依頼した理由について、読売テレビの諏訪道彦プロデューサーは「初めてのチャレンジがいっぱいの16作目の劇場版『名探偵コナン』に、吉岡さんのまっすぐに伸びるヴォーカルをどうしても重ねてみたくなり、ラブコールさせてもらいました」と語り、吉岡聖恵(Vo)も「儚さもありながら、力強い楽曲が出来たのではないかと思っています」と自信を見せている。

いきものがかり コメント

吉岡聖恵
幅広い世代の方々に愛され、歴史を重ね続けているこの作品に関わらせていただけることが、素直にとても嬉しかったです。儚さもありながら、力強い楽曲が出来たのではないかと思っています。劇場版「名探偵コナン』」に寄り添える楽曲として皆さんに楽しんでいただけたならとても嬉しいです!

水野良樹
様々な世代の方に愛され続けている作品なので、とても光栄でした。
僕らのライブは家族連れのお客さんがとても多く、家族で楽しめるこの作品に僕らの曲が使ってもらえるのはとても嬉しいです。コナンを愛される皆さんのイメージを僕らが崩していなければいいのですが(笑)。作品とともに、僕らの曲も楽しんで頂けたら嬉しいです。

山下穂尊
こういうお話を頂けるようになったのは本当に光栄なことだと思っています。純粋に「ありがたいなぁ」と思いました。「今日」と「あの日」という時間を越えた繋がりが上手く表現できたらいいな、と思って書いていきました。いつまでも「青春の群像」を保ち続けるこの作品に敬意を持って接しさせて頂きました。僕らもそんなように息の長いアーティストになれるように頑張りたいと思います。

読売テレビ 諏訪道彦プロデューサー コメント

せつない想いを胸に秘めながらも常に前向きに歩むメッセージがここちよい「いきものがかり」ソングの数々。
初めてのチャレンジがいっぱいの16作目の劇場版『名探偵コナン』に、吉岡さんのまっすぐに伸びるヴォーカルをどうしても重ねてみたくなり、ラブコールさせてもらいました。
“いきものがかり”が"コナン"に新しい風を呼び込んでくれることを楽しみにしています。

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】