音楽ナタリー

とき宣、忍者不足解消すべく「しのびの里」宣伝部に

562

左からときめき▽宣伝部、忍野 しのびの里の渡邉輝支配人。

左からときめき▽宣伝部、忍野 しのびの里の渡邉輝支配人。

ときめき▽宣伝部が山梨県にある忍者のテーマパーク「忍野 しのびの里」の宣伝部に就任した。

日本だけでなくアニメなどをきっかけに海外でも人気が高まってる忍者。日本を訪れる外国人旅行者は忍者に興味を持つ人が非常に多く、全国の忍者村では慢性的に“忍者不足”が発生しているという。さらなる外国人旅行者の訪日が見込まれる2020年に向け、忍者村では雇用の受け皿の整備が急務で、特に激しい“忍者ステージ”をこなせる忍者の人材の育成も課題の1つとなっている。

アイドルとして年間50本以上のハードなライブステージをこなすとき宣は忍者の代役として適任。このことから彼女たちは忍野 しのびの里の宣伝部に就任することになった。11月11日に東京・歌舞伎町にある忍者からくり屋敷を訪れた6人には忍野 しのびの里の渡邉輝支配人より「ときめき▽宣伝部は、しのびの里宣伝部に適任だと思い任命させていただきました! “忍者”を広める架橋となってください!期待しています」という言葉と共にくノ一の衣装が進呈された。

とき宣は忍野 しのびの里の宣伝部に就任したことを記念して、11月21日に同所にてステージショーと特典を実施することが決定。このことについて辻野かなみは「忍野 しのびの里宣伝部に任命していただき、とても光栄に思います。メンバー全員で協力して、1日忍者として“忍野 しのびの里”でしっかりお手伝いさせていただき、忍者不足問題解決に取り組んでいきます」とコメントした。詳細は追って発表される。

ときめき▽宣伝部「DEADHEAT SHOW」

2017年11月21日(火)山梨県 忍野 しのびの里
※▽はハートマーク。

音楽ナタリーをフォロー