音楽ナタリー

中村獅童バンドのライブに宮藤官九郎や浅野忠信ら登場、豪華俳優陣がセッション披露

244

ラストのセッションの様子。(写真提供:全栄企画)

ラストのセッションの様子。(写真提供:全栄企画)

中村獅童仲野茂がボーカルを務めるバンド、高樹町ミサイルズが初のライブツアー「ACTOR'S NIGHT TOUR」を福岡、東京、愛知で開催。この東京公演が昨日9月7日に東京・渋谷CLUB QUATTROで行われた。

開演後、まずはオープニングアクトとして平均身長180cm越えの男子パフォーマンス集団・イケ家!が登場。息の合った熱いダンスにフロアから黄色い歓声が沸いた。その後インストスカバンド・SHOW-SKAのライブでは、中村獅童がゲストボーカルとして参加。沢田研二の「カサブランカダンディ」や矢沢永吉の「黒く塗りつぶせ」などを歌唱した。

続いて田口トモロヲがボーカルを務めるLASTORDERZが登場し、「ポエム・ド・パンク!」「大人パンク!」「パンク☆ミー!」などアッパーなパンクチューンを連発。大きなインパクトを残してステージを後にした。大森南朋率いる月に吠える。は、彼らが標榜する“大人ロック”にふさわしい渋いステージングで観客を魅了。その後サプライズゲストとして宮藤官九郎マギーがステージに現れ、宮藤のギター演奏で中村、大森、田口、マギーが映画「アイデン&ティティ」の劇中歌「悪魔とドライブ」を歌唱した。

トリの高樹町ミサイルズは「キル・ザ・プア」「Fool for you」「恋をしようよ」など11曲を熱唱、激しいステージングで会場の熱気は最高潮に。フィナーレには中村の呼び込みでこの日の出演者たちがステージに集合し、全員で「ジョニー・B・グッド」の合唱を始める。途中、観覧に来ていた柄本時生がステージに上がり、会場は大盛り上がり。さらにサプライズゲストとして浅野忠信が登場し、沢田研二の「きめてやる今夜」をセッションして、豪華キャストが集結したライブは終了した。

高樹町ミサイルズのライブツアー「ACTOR'S NIGHT TOUR」の最終公演は9月17日に愛知・名古屋ReNY limitedで開催。この日は打首獄門同好会が出演する。

音楽ナタリーをフォロー