音楽ナタリー

「SLS」初日にエレカシ、ホルモン、WANIMA、オーラル、スカパラら20組が熱演

601

エレファントカシマシ(撮影:上山陽介)

エレファントカシマシ(撮影:上山陽介)

スペースシャワーが主催する野外ライブイベント「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2017」が、8月25日から27日にかけて山梨・山中湖交流プラザ きららで開催された。この記事では初日のライブの模様をレポートする。

1日目はオープニングアクトやクロージングDJを含め、20組のアーティストが出演。LAKESIDE STAGEのトップバッターとして登場したBLUE ENCOUNTは「LAST HERO」でライブの幕を切り、ハイテンションなステージを展開。田邊駿一(Vo, G)が「俺らと開会式やろう!」と観客に呼びかけ「ラブシャ! ラブシャ!」とコールを煽ると、強い日差しが降り注ぐ場内の温度がより一層上昇していった。アッパーチューン「Survivor」などを経て田邊は「フェスでライブをやる度に、フェスとライブハウスは同じだって思う! 同じ歌を仲間と一緒に歌える場所だ!」と熱く語り「もっと光を」をオーディエンスと共に歌い上げる。最後にはバンドの新たなサマーチューン「SUMMER DIVE」で会場の一体感をさらに高め、ライブを締めくくった。

サイレンが不穏に鳴り響く中、LAKESIDE STAGEに登場したSiM。叩きつけるようなドラムの音を合図に「Blah Blah Blah」でライブがスタートすると、オーディエンスが一斉に体を激しく動かしていく。MAH(Vo)は「念願叶って初めて出演させていただきます……嘘でーす! 5回目だぴょーん!」と飄々とおどけてみせたかと思えば、その直後には熱いシャウトを交えながらステージを繰り広げ空気を一変させる。最後には「時間がないから倍速でやるぞ」と「f.a.i.t.h」を途中まで演奏し、MAHは「アンコールさえあれば……!」と泣き崩れる振りをして来年への期待を滲ませていた。

大歓声に包まれながら現れたWANIMAの3人は「ともに」でLAKESIDE STAGEに集まった観客のテンションを一気に引き上げる。その後バンドは「あの雲の向こうから富士山引っ張り出すぞー!」という元気いっぱいのMCを挟み、人懐っこい笑顔を見せながら「オドルヨル」や「THANX」などを届けていった。温かな空気の中、KENTA(Vo, B)は「来年もここに来れるようにやっていくけん、みんなもまたここに来れるように」と再会を願い「CHARM」を真っ直ぐに届ける。そして彼らは“SWEET LOVE SHOWERテーマソング”と称して「いいから」を歌詞の一部を「スペシャ」に変えて歌い上げ、最後までアットホームな雰囲気のままライブは終了した。

Mt.FUJI STAGEに登場した04 Limited Sazabysは「今日はスウィートでラブリーなサウンドをシャワーみたいに浴びせかけるんで!」と宣言。その言葉の通り、彼らは序盤で「Chicken race」や「drops」などを軽快に演奏し、跳ねるリズムで観客を楽しませていく。GEN(B, Vo)は「『drops』は山中湖で合宿をしながら作りました。産地直送です!」と楽曲についてのエピソードを語ったあと「今日は俺らの友達が(出演者に)いっぱいいます。負けられない戦いがここにある」とアッパーチューン「monolith」、さらにスモークがステージ下から勢いよく噴射される中「fiction」を繰り出す。新曲「Squall」ではGENの伸びやかな歌声と4人のアンサンブルが、さわやかに響きわたっていった。

8年ぶりに本イベントに出演した東京スカパラダイスオーケストラは、オープニングの「Paradise Has No Border-short-」で華々しいサウンドを場内に響かせオーディエンスを魅了。さらに彼らは細美武士(MONOEYES)をステージに呼び込み、サプライズに会場が沸く中コラボソング「Diamond in your heart」を披露した。ハンドマイクで楽しそうに楽曲を歌い上げた細美がステージを去ったあとも、メンバーは貫禄のあるステージングで「Pride Of Lions」や「道なき道、反骨の。」などを次々と演奏。最後の「All Good Ska is One」ではオーディエンスが肩を組みながら気持ちよさそうに体を揺らし、穏やかな時間を過ごしていた。

MONOEYESは「When I Was A King」でライブをスタートし、今回初めて立ったMt.FUJI STAGEに4人のみずみずしいアンサンブルを響かせていった。ライブの終盤では細美武士(Vo,G)が笑顔に満ちた会場に向かって「Two Little Fishes」を生き生きと歌い上げる。その後4人は夕暮れの空の下「グラニート」を最後の一音まで楽しそうに鳴らし、晴れ晴れしい笑顔を浮かべてステージをあとにした。

マキシマム ザ ホルモンは「恋のメガラバ」で豪快にライブを開始し、場内を瞬く間にヒートアップさせる。MCでは序盤から暴走するナヲ(ドラムと女声と姉)に対しマキシマムザ亮君(歌と6弦と弟)がひたすらツッコミを入れ続け、会場に笑いをもたらしていた。その後彼らは「メス豚のケツにビンタ(キックも)」「ロッキンポ殺し」などを荒れ狂うようなパフォーマンスで繰り出し、観客を圧倒する。そして4人は「恋のスペルマ」をエネルギッシュにプレイし、会場に強烈な余韻を残してステージを去っていった。

Mt.FUJI STAGEのトリを務めたTHE ORAL CIGARETTESは、彼らが大切な楽曲だと語ってきたナンバー「エイミー」を1曲目にセレクト。MCでは山中拓也(Vo, G)が「オープニングアクトで出た『ラブシャ』が、オーラルにとって初めてのフェスでした。ポリープでの活動休止を発表したのもここだった」とイベントへの特別な思い入れを語っていた。オーディエンスは「カンタンナコト」やレーザーライトが夜空に飛び交う「狂乱 Hey Kids!!」など、次々と繰り出されるキラーチューンに拳を突き上げて応えていく。最後には「このフェスと共に生きていきたいと思います」という山中の熱い言葉と共に「トナリアウ」がじっくりと演奏された。

LAKESIDE STAGEのトリを飾ったのはエレファントカシマシ。彼らは夜空の下「悲しみの果て」「今宵の月のように」と代表曲を惜し気もなく続けて披露し、会場を沸かせていく。「今日は若い人が多いから(リリースしたときには)まだ生まれてなかった人も多いですかね」という宮本浩次(Vo, G)の言葉のあとにデビューソング「デーデ」が熱唱されると、オーディエンスはデビュー30周年を迎えた彼らの男気あふれるステージングに酔いしれていた。バンドは新曲「風と共に」や「風に吹かれて」など新旧織り交ぜたセットリストを展開し、「ファイティングマン」では宮本がステージの端から端まで動き回る熱いパフォーマンスで場内をさらに盛り上げる。アンコールでは「俺たちの明日」を力強く届けたあと、宮本はシャツを思い切りはだけさせながら「また会おう!」と観客に告げてイベントの1日目を締めくくった。

なお「SWEET LOVE SHOWER 2017」の模様は10月20日(金)から22日(日)の3日間にわたり、スペースシャワーTVで合計9時間放送される。

スペースシャワーTV「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2017 Day1 / Day2 / Day3」

DAY1

2017年10月20日(金)21:00~24:00
※リピート放送予定あり

DAY2

2017年10月21日(土)21:00~24:00
※リピート放送予定あり

DAY3

2017年10月22日(日)21:00~24:00
※リピート放送予定あり

音楽ナタリーをフォロー