音楽ナタリー

EGOISTツアーファイナルにGARNiDELiA登場、コラボライブに会場が震える

1737

EGOISTとGARNiDELiAのコラボライブの様子。

EGOISTとGARNiDELiAのコラボライブの様子。

ryo(supercell)がプロデュースを手がける架空のアーティスト、EGOISTのツアー「EGOIST Greeting Tour 2017『E / A』」の最終公演が8月18日に愛知・Zepp Nagoyaにて開催された。

このツアーは8月16日発売のシングル「英雄 運命の詩」を引っさげて6都市で7公演開催。ツアーファイナルとなった名古屋公演は、開場前から大勢の熱心なファンが詰めかけた。ライブが始まり、「名前のない怪物」のイントロが流れた瞬間、大きな歓声が沸き上がる。続いて「KABANERI OF THE IRON FORTRESS」がスタートし、息もつかせない展開にフロアはどんどんヒートアップしていく。

この日はEGOIST史上初めてニコニコ生放送でライブの生中継が行われ、MCでメンバーは会場にいるファンだけでなく、配信を観ているファンにも挨拶。現在放送中のテレビアニメ「Fate/Apocrypha」の話をしてから、そのオープニングテーマ「英雄 運命の詩」を披露した。この曲ではINORIが、「Fate/Apocrypha」に登場するルーラーの甲冑をまとって、まるでファンを扇動するかのように力強く歌った。

「Fallen」「Welcome to the *fam」「リローデッド」とアップテンポな楽曲を連発したのち、ライブ後半は「Ghost of a smile」「All Alone With You」「永遠」といった、chellyの声の美しさが際立つミディアムバラードを次々に披露。本編ラストには「Departures ~あなたにおくるアイの歌~」を熱唱した。

アンコールの声に応えて再び登場したchellyは、スペシャルゲストのGARNiDELiAをステージに呼び込む。今回のツアーでEGOISTは会場ごとに「Fate」シリーズの楽曲をカバーしてきたが、ツアーファイナルでは「Fate/Apocrypha」のエンディングテーマ「Desir」を歌うGARNiDELiAにこの曲を披露してもらうことに。GARNiDELiAの圧巻のパフォーマンスに会場から大きな拍手が巻き起こった。

さらにその後、EGOISTとGARNiDELiAがコラボパフォーマンスを実施。EGOISTの代表曲「The Everlasting Guilty Crown」のイントロが流れた瞬間、会場が震えるほどの歓声が巻き起こり、フロアはこの日最大の盛り上がりとなった。GARNiDELiAを送り出したのち、EGOISTは「キミソラキセキ」を歌ってアンコールを終えた。

その後、鳴りやまない拍手に呼び戻されて、再びchellyがステージに登場。彼女はシングル「英雄 運命の詩」のカップリングに収録されている「英雄 運命の詩」の英語詞バージョン「Eiyu Fate's Song」を初披露し、大きな歓声に包まれながらツアーは終了した。

※「Desir」の「e」はアキュートアクセント付きが正式表記。

※音楽ナタリー Power Push 公開中!
初音ミクの10年~彼女が見せた新しい景色~| 第1回:ハチ(米津玄師)×ryo(supercell)対談 2人の目に映るボカロシーンの過去と未来

音楽ナタリーをフォロー