音楽ナタリー

ももクロ有安がふじみ野駅1日駅長に「がんばってたらこんな日も来るんだなって」

3637

ふじみ野駅の1日駅長の就任書を持って敬礼する有安杏果。

ふじみ野駅の1日駅長の就任書を持って敬礼する有安杏果。

ももいろクローバーZ有安杏果が本日4月5日に東武東上線のふじみ野駅にて、同駅の1日駅長イベントを行った。

ももクロと東武鉄道は4月8、9日に埼玉・富士見市第2運動公園で彼女たちのライブイベント「ももクロ春の一大事2017 in 富士見市~笑顔のチカラつなげるオモイ~」が行われることを記念し、本日4月5日から5月7日までコラボレーション企画「富士見市制施行45周年 東武東上線にももクロが登場だZ」を実施。期間中はメンバーそれぞれのヘッドマークを採用した「ももクロ号」が池袋駅、小川町駅間で走行しているほか、ふじみ野駅東口では駅名が「ももいろクローバーZ駅」と掲示されている。

富士見市のPR大使を務め、幼少期に同市に住んでいたという有安は1日駅長の就任式にて「最寄りがふじみ野駅だったので毎日お母さんとこの駅から電車に乗っていました。ランドセルを背負ってオーディションに行ったりお仕事に行ったりした思い出がとても強いです」と子供時代を懐古。ふじみ野駅の駅長から就任書を授与されると、「すごく不思議で、本当に今起こっていることなのって感じです。これを機に私が通ってた駅をたくさんの人に知ってもらえて、ファンの方が私たちのライブを観にこの駅に来てくれると思うとわくわくします」と胸中を吐露した。その後彼女は自身のヘッドマークが掲出された電車「ももクロ号」の出発式を実施。緊張した面持ちで「ももクロ号」の出発指示合図を出し、発車を見送った。

「ももクロ号」の出発式のあとにはマスコミ向けの囲み取材が行われ、有安は「駅長さんの制服を私が着るとは夢にも思ってなかったので、大丈夫ですかって感じです」と1日駅長に就任した感想を告白。「ももいろクローバーZ駅」と掲示されたふじみ野駅東口の看板については「がんばってたらこんな日も来るんだなって思いました」としみじみと語った。また彼女は「お母さんとケンカして、家から先に駅に行っちゃったお母さんを追いかけたり、迷子になったこともあります」と同駅でのエピソードを話したほか、「富士見市にとって伝説になるライブにしたいです」と「ももクロ春の一大事2017」への意気込みを述べた。最後に記者から東武東上線の紹介を求められると「めちゃくちゃ混みます!」と笑顔で返し、記者陣の笑いを誘った。

音楽ナタリーをフォロー