音楽ナタリー

菅田将暉がCDデビュー、音楽活動スタートに「今の僕にしかできないことがある」

4165

菅田将暉

菅田将暉

俳優の菅田将暉が6月7日に「見たこともない景色」でCDデビューすることが決定した。

これは昨日3月21日の19:00に東京・渋谷スクランブル交差点の5つのビジョンをジャックした映像の中で発表されたもの。ビジョンでは菅田のコメントとともに、「見たこともない景色」のミュージックビデオも解禁された。

「見たこともない景色」は“au三太郎シリーズ”のサッカー日本代表応援ソングとして、同シリーズのテレビCMで使用されている楽曲。MVでは“歌い続ける男”と“走り続ける男”を菅田自身が表現し、バックバンドを従えた演奏シーンでは堂々としたパフォーマンスも披露している。

音楽活動をスタートさせることについて、彼は「正直まだ実感が湧いていません」とコメント。「やっぱりステージに立って“生”でお客さんの前で歌うということをまだしていないからだと思います。音楽が大好きだから技術やパッションのあるアーティスト・ミュージシャンが沢山いる中で、僕が音楽アーティストをやっていいのだろうか、そして僕に何ができるんだろうか?という思いはやはりどこかにあります」と自身の中の葛藤を吐露しながらも「だけど、今の僕にしかできないことってきっとある気がしています。これまでにないワクワクする気持ちが生まれていて、音楽活動を自分自身が楽しみ、信じて、作品作りをしていきたいと思います」と意欲を語っている。また今後の音楽活動については「いつか自分の書いた言葉を、自分から出てくるメロディで、自分で演奏してパフォーマンスできるようにするのが目標です」と宣言。菅田がアーティストとしてどんな姿を見せるのか、彼の今後の活動をファンは楽しみにしておこう。

なお「見たこともない景色」は本日3月22日に各配信サイトにて先行配信がスタートした。

菅田将暉 コメント

俳優・菅田将暉とアーティスト・菅田将暉の違い

ミュージックビデオ撮影を通して「カメラを見るか見ないか」という違いは大きいなと思いました。
役者・菅田将暉は作品の中で役名があり、作品の世界観があって、僕と違う誰かを演じ、カメラに目線は向けません。
アーティストとしての表現はカメラに目線を向けるということを含め、僕の半径1m以内の出来事というか、僕自身が思うこと、やりたいこと、伝えたいことが主体になっています。その部分は本当に大きく違うなと実感しています。

今後アーティストとして挑戦してみたいこと、目標

シンプルにまずはLIVEをすることです。「アーティスト菅田将暉で立つステージはどんな景色なんだろう」という思いは強いですね。そしていつか自分の書いた言葉を、自分から出てくるメロディで、自分で演奏してパフォーマンス出来るようにするのが目標です。僕にとって凄く大切なことを作って歌う。それが数人でも「これ俺の歌だ!」「私もそうだ!」って共感してもらう部分が生まれ、気付いたらひとつに繋がっていく、そういうことができたら本当にうれしく思います。

音楽ナタリーをフォロー