音楽ナタリー

超特急が“バレンタイン応援団”に!マークシティのキャンペーンキャラ就任

3864

「渋谷マークシティ バレンタインキャンペーン」のキャラクターに就任した超特急。

「渋谷マークシティ バレンタインキャンペーン」のキャラクターに就任した超特急。

超特急が、1月16日にスタートする東京・渋谷マークシティのキャンペーン「渋谷マークシティ バレンタインキャンペーン」のキャラクターを務めることが決定。このほど都内のスタジオでキャンペーンビジュアルの撮影が行われ、メンバーが取材に応じた。

渋谷マークシティがシーズンプロモーションで男性アーティストを起用するのはこれが初めてのこと。7人は応援団員に扮し、同施設を訪れる女性たちのバレンタインの成功を後押しする。期間中は館内の各所で超特急のビジュアルが展開されるほか、7カ所に設置されたQRコードからメンバーのオリジナル画像をダウンロードできる企画やオリジナルグッズが当たるキャンペーンが行われる。さらに2月9日から14日まで施設1階のイベントスクエアに登場するチョコレート販売ブース「チョコレートステーション」には、7人のパネルと記念撮影ができるフォトスポットも登場。館内が“超特急一色”に彩られる。

渋谷が大好きだというカイはキャンペーンキャラクターの就任に際し「渋谷を代表するような大きな施設であるマークシティさんとコラボできるのはとても光栄なことです!」とコメント。7人はメンバーカラーの襷をかけた応援団の学ラン姿を披露し、ユーキは「この格好は男気が出る感じがします!」と笑顔を見せる。小学生のときに応援団に入っていたというタカシは「当時は体操服だったんで、学ラン姿で応援団ができるのは新鮮な気持ちです」と喜んだ。

自身のバレンタインの思い出については、コーイチが「僕は学生時代、全然チョコをもらえなかったんですよ」と明かし「いつも『チョコもらえないかな』って期待してました。男の子はチョコをもらえることをすごく楽しみにしているから、女の子は勇気を持って渡してあげてください!(笑)」と女性に向けて呼びかける。コーイチの言葉に、リョウガも「僕もコーイチと同じくバレンタインに楽しい思い出がない! 高校生くらいのときですかね、もらえないことはわかっていたので、生チョコを作るキットを買って当日お母さんと作りました」と続き「これ以上そういった悲しい人間が生まれないよう、少しでも男性たちが救われたらいいいなと思ってます。なので女性にはいっぱいチョコを渡してほしい。全力でチョコを渡す女性の背中を押していきたいなと思います」と意気込みをみせた。

昨年のバレンタインには最年少の末っ子担当・タカシが手作りのチョコとクッキーをメンバー全員にプレゼントしたというエピソードを持つ超特急。このことについて聞かれると、タカシは「一人暮らしを始めて1回目のバレンタインで。お菓子作りに興味があったし『自分がチョコを作って渡したら、みんなどんな反応するんやろ?』って思って、ワクワクしながら作りました」と当時を振り返る。タカシからもらったチョコについて、タクヤは「ラッピングも凝っててめちゃくちゃかわいくてビックリしたんですけど、チョコがすごい柔らかくて(笑)。だから食べるのが大変でした」とコメントし、彼の言葉にタカシは「うかつだった……」と悔しげな表情。「もし今年もタカシさんからバレンタインをもらえるなら?」という問いかけにはコーイチが「お好み焼き風のケーキとか!」と提案し、ユースケは「僕はチョコが苦手なので、クッキーが食べたいなって思います」と答えた。

最後にバレンタインにチョコを渡す女性へのアドバイスを求められると、カイは「男はチョコをもらえたらなんだってうれしいんです! 気持ちを伝えることに意味があると思うし、勇気を持って直接渡すことが次につながる第一歩になると思います」とコメント。カイの言葉に、ユーキも「渡す勇気がなかったら、僕ら7人がサポートしますよ!」と続いた。

超特急 コメント

バレンタインに意中の人へチョコを渡す女性へのアドバイス・必勝法は?
コーイチ

バレンタインデーよりも前からの準備が大事になってくると思います。当日は最後のひと押しの日だと思って、それまでに猛烈アタックすることをお勧めします!

カイ

男はチョコをもらえたらなんでもうれしいんです! 気持ちを伝えることに意味があると思うし、勇気を持って直接渡すことが次につながる第一歩になると思います。そこで好きになってもらわなくても、バレンタインをきっかけに仲よくなったり、ご飯に行くきっかけができたりすると思うので。バレンタインをゴールに設定せず、スタートの日だと思ってチョコを渡すことが大事だと思います。

リョウガ

なんでもデジタルな世の中になってメールで気持ちを伝えて済ませることも多いかもしれないけど、手紙を添えるだけでも気持ちの入り方が変わると思います。手作りのチョコとかを渡されたら思いを感じるし、そこへプラスして手の込んだ手紙などを添えれば「気持ちを込めてくれてるのかな」って、渡された人は贈った側の思いを汲んでくれると思いますよ。

タクヤ

やらない後悔よりやって後悔だと思います。がんばってください!

ユーキ

最近友チョコが増えたせいで、チョコをもらってもそれが本命チョコなのかわからなくなる説がありますよね! 本命の人には圧倒的な差をつけたほうがいいと思います。渡す勇気がなかったら、僕ら7人がサポートしますよ!

ユースケ

チョコを入れたボックスと手のひらをテープでくっつけておくんです。そうすると、渡すときにボックスが離れないじゃないですか。それで「どうして取れないの?」って聞いたら「チョコは私よ!」って。そんなふうにされたら、僕、ヤバいです!(笑)

タカシ

渡すときはすごく緊張すると思うし、「何をきっかけに渡そう?」って思うかもしれないけど、考えすぎはよくないから何も考えず突っ込んでいったらいいと思う! 本番のときは怖がることなく、相手に向き合ったらいいのかなって思います。

音楽ナタリーをフォロー