音楽ナタリー

SHANK × cinema staff、熱気充満の同い年ツーマン

660

cinema staff(Photo by SARUYA AYUMI[SARU])

cinema staff(Photo by SARUYA AYUMI[SARU])

ライブイベント「REECH」が3月20日に東京・LIQUIDROOMにて開催され、SHANKとcinema staffが出演した。

メンバーが同い年であるSHANKとcinema staff。音楽性が異なることから、2組はファンを気遣いながらも異ジャンルバンドとの初ツーマンライブを楽しんでいた。

先手を務めたのはSHANK。3人は登場するなり、ハイテンションに「よろしくお願いします!」と言いながらフロアのみならず、ステージ袖やメンバーに向けてもお辞儀をして回り、場内を和ませる。そして庵原将平(Vo, B)が「長崎SHANK始めます!」と挨拶をするとそのまま歌い始め、バンドは「Set the fire」でイベントの口火を切る。オーディエンスはさっそくクラウドサーフを繰り返し、場内は一気にヒートアップ。その後も3人は間髪入れずにパンキッシュなナンバーを畳みかけていった。

曲間にはフロアから野太い歓声が上がる。するとメンバーは「今日は部活みたいでいいっすね」と笑顔を見せ、再び「SHANKと言います。よろしくお願いします!」と元気よく挨拶してライブを再開した。また中盤にはファンの煽りを受けて、庵原が勢いあまって尻を見せる場面も。彼らはタイトな演奏の合間に、朗らかなMCを挟み、緩急をつけて場内を盛り上げていった。

また後半には松崎兵太(G, Cho)が「ひさしぶりにライブをすると楽しいですね」と破顔し、庵原も「楽器持って遊びに来ました!」と声を弾ませる。さらにcinema staffのファンへは「運動会を観に来たお父さんみたいな気持ちで見ていってください」と語り、バンドは“女々しい曲”だという「My sweet universe」や庵原が吠えるようにシャウトした「Good Night Darling」、池本雄季(Dr, Cho)による手数の多いドラミングに乗せた庵原と松崎のコーラスが広がった「Long for the Blue moon」といった楽曲をエモーショナルに届け、約1時間の持ち時間に16曲を叩き込んでいった。

cinema staffはオレンジ色の照明に染められたステージに静かに姿を現すと、飯田瑞規(Vo, G)の伸びやかなボーカルから始まる「borka」を1曲目にプレイ。続けて辻友貴(G)の速弾きが炸裂した「great escape」や、久野洋平(Dr)の繰り出す軽快なビートでファンを踊らせた「tokyo surf」といったアグレッシブなナンバーを投下し、さらに場内の温度を引き上げていった。

MCでは飯田がこの日のライブの意気込みを「色の違うツーマン。すごく楽しみにしてきました」と語る。またSHANKのファンに向けて「モッシュとかダイブとか歓迎なんで」とうれしそうに口にした。加えて、こちらでも野太い歓声が上がると、三島想平(B)が「いいっすね」と笑顔を見せ、「同い年のバンドとこういう大きなところでツーマンができることを光栄に思います」と思いを語った。

その後も息の合ったアンサンブルを展開していく彼ら。「昔の曲を」という前置きからプレイされた「第12感」では久野が器用に変拍子を操り、新曲「lost/stand/alone」では飯田と三島が絶妙なコーラスを聴かせる。「deadman」では飯田と三島が楽器を高く掲げ、「theme of us」では辻がフロアへ降りて演奏するなど、4人は熱量あふれるプレイで観客を魅了した。

アンコールではSHANKの庵原に対抗して、辻が尻を出して見せる一幕も。最後に飯田がフロアに向けて「初めてcinema staffを観た方もいると思うんですが、cinema staff、カッコいいでしょ?」と自信をのぞかせ、バンドは「西南西の虹」を演奏。場内には盛大なシンガロングが広がり、熱気に包まれる中イベントは締めくくられた。

REECH
2016年3月20日 LIQUIDROOM セットリスト

SHANK

01. Set the fire
02. Two sweet coffees a day
03. Departure
04. 620
05. Time is...
06. Hope
07. Take Me Back
08. Weather is Beautiful
09. My sweet universe
10. Good Night Darling
11. Lamp
12. It's not a game
13. Love and Hate
14. Long for the Blue moon
15. Restart
16. submarine

cinema staff

01. borka
02. 切り札
03. great escape
04. tokyo surf
05. 第12感
06. シャドウ
07. lost/stand/alone
08. 白い砂漠のマーチ
09. deadman
10. theme of us
<アンコール>
11. 西南西の虹

音楽ナタリーをフォロー