音楽ナタリー

角松敏生、35年前のデビューアルバムを歌い直し「未熟で嫌で仕方なかった」

439

角松敏生がデビュー35周年記念を記念して、1981年発表のデビューアルバム「SEA BREEZE」の“リテイクアルバム”「SEA BREEZE 2016」を本日3月16日にリリースした。

「SEA BREEZE」は、作詞作曲は角松自身が手掛けているが編曲やプロデュースには関わっておらず、演奏はスタジオプレイヤーを迎えて制作。今でもライブの定番となっている「Still, I'm In Love With You 」「Wave」などが収録されているが、本人的には当時の力量不足によるボーカルテイクに心残りを持っていたという。

今作は当時のアナログマルチテープをもとに、歌を再録音して角松自身の手でミックスダウンを施したもの。村上"PONTA"秀一、斉藤ノヴ、鈴木茂、後藤次利、パラシュート、佐藤準、ジェイク・コンセプション、EPO、浦田圭司が参加したバックトラックに、現在の角松のボーカルが乗る。これについて彼は「未熟で嫌で仕方なかった歌を今のスキルでやり直せるということが本当に刺激的で、楽しかった」と語っている。

また初回限定盤にはボーナストラックとして、当時の未発表音源「Last Summer Station」も収録される。この楽曲は角松が17歳だった頃に覚えたてのジャズコードを使い、ボサノバ風の曲に試みたというもの。レコーディングもすべて終了していたが、これをアルバムに入れると収録時間が長くなりレコードの音質が悪くなるため外されていた。今回35年の時を越え、ついに日の目を見ることになる。

さらに初回限定盤のみ、光で表面の信号起伏を読み取るマスター型レーザーターンテーブルを使用して当時のアナログ盤を読み取り、リマスタリングした特典CDを同梱。マスター型レーザーターンテーブルを使用したCDの発売はこれが世界初の試みとなる。

ジャケットはデビュー当時の写真をベースに、角松が「当時こう表現したかった」という色合いに修正した写真を使用している。ブックレット中面およびアーティスト写真はデビュー当時に撮影した場所である神奈川・葉山のレストラン、ラ・マーレ・ド・茶屋にて撮影。この店舗は現在改装中だが3月下旬に再オープンが予定されている。

角松敏生「SEA BREEZE 2016」収録曲

01. Dancing Shower
02. Elena
03. Summer Babe
04. Surf Break
05. YOKOHAMA Twilight Time
06. City Nights
07. Still I'm In Love With You
08. Wave
09. Last Summer Station(※初回限定盤ボーナストラック)

DISC 2(初回限定盤のみ)

01. Dancing Shower
02. Elena
03. Summer Babe
04. Surf Break
05. YOKOHAMA Twilight Time
06. City Nights
07. Still I'm In Love With You
08. Wave

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【ナタリーストア】