音楽ナタリー

ユースケがダイブ、ユーキがヘドバン!タカシも殻破る熱狂の超特急男祭り

2633

フロアにダイブしたユースケ(手前)。(写真提供:SDR)

フロアにダイブしたユースケ(手前)。(写真提供:SDR)

本日2月28日に東京・表参道GROUNDにて超特急の男性限定ライブ「超特急 BOYS GIG Vol.2」が開催された。

彼らが男性限定ライブを行うのは2015年の3月以来、およそ1年ぶり。会場には満員の男8号車(男性の超特急ファン)が集まり、メンバーと共に熱狂の空間を作り上げた。また、ライブの模様は全国の映画館に生中継され、この中継会場では女性の8号車も超特急に声援を送った。

SEの「overture」が会場に鳴り響くと、会場には早くも男8号車の雄雄しい歓声が響く。Tシャツにハーフパンツというスポーティなスタイルで登場した7人は、「Superstar」で“男祭り”の火蓋を切って落とす。自己紹介のパートでは、ユーキが自分の口上を叫びながらバック転を決めるという荒業でファンを圧倒。ユースケは自己紹介そっちのけで「男男男男おーーー!!」と絶叫した。続く「Drive on week」ではコーイチが「SexyなLady」を「SexyなBoy」、「友達ならどう?」を「男ならどう?」と歌詞を言い替えてニヤリと笑みを浮かべる。3曲目には「Shake body」がドロップされ、8号車のコールが楽曲を彩るキラーチューンの連続に、フロアの熱気はぐんぐんと上昇していった。

最初のMCでコーイチは「女がおらんかったら俺らヤバいねんぞ、ってとこ見したろ!」と男8号車に呼びかける。この日のトークの司会を務めたタカシは「今日は思う存分楽しんでいってください!」とオーディエンスに伝えた。MCを経て「Believe×Believe」が届けられると、曲のフィニッシュでユースケがリョウガに代わってセンターの位置に立つ。彼は「次の曲なんだけどさあ! みんなでやりたいことがあるんだ!」と言うと、男8号車にペンライトをしまうように促した。彼が「この曲で、僕の命をみんなに預けます! 言いたいことわかるね?(笑)みんな頼むよ!」と懇願すると、彼がセンターを務めるアッパーチューン「バッタマン」がドロップされる。盛り上がりが最高潮に達した瞬間、ダンサーの4人に担ぎ上げられたユースケは、そのままフロアへとダイブした。

「ヒャー!!」と絶叫し、身体をこわばらせながら男8号車に身を預けたユースケだったが、一瞬でステージに戻ってきてしまったためタカシから「『世界一早く戻って来たダイブ』っていうギネス記録獲れるで」とツッコまれてしまう。するとここで、不完全燃焼なムードを察したタクヤが「わかった!『バッタマン』もう1回やんない? できないで終わるの悔しいんだわ!」と提案。これに会場は大盛り上がりで、ライブはそのままリベンジの「バッタマン」2回目に突入した。男8号車が“受け入れ態勢”を整えると、ユースケは目を閉じて胸の前で十字を切り、思い切ってフロアへダイブ。1回目よりも長い時間男8号車の上を泳ぎステージに戻ると、彼はすぐに「大丈夫だった!? ごめんね、ありがとう!!」とひたすらにファンを思いやっていた。

「Kiss Me Baby」からスタートした中盤のパートで、7人は超特急のクールな側面を存分に打ち出したパフォーマンスを繰り広げる。「We Can Do It!」ではカイが唇を拭う艶っぽい仕草で歓声を集め、タクヤはライブビューイングの中継用カメラに挑発的な視線を投げてみせた。コーイチの絶唱がライブハウスに響いた「Beautiful Chaser」では、センターのユーキが男8号車に「ぜひやってもらいたい!」とリクエストしていたヘッドバンギングが発生するシーンも。会場が一体となった盛り上がりに、タカシは「超特急、こういうカッコいい曲もいいよな。すこぶるテンションタカシやで!」と笑顔を弾けさせた。

終盤のMCでカイは「みんな、いつも息潜めてるだろー!」とオーディエンスに話しかける。頷く男8号車を見たタクヤは「俺らも悪いよね。男にも、もっとちゃんと対応してあげないと!」と続き、カイは「みんなで楽しめるように一緒にがんばっていこうぜ!」と呼びかけた。またこの日慣れない進行役を任され、時折緊張の表情を浮かべていたタカシは、そのことをメンバーに指摘されると「タカシやで、ちょっと殻を破ります」と決意のひと言。彼は帽子を勢いよく脱ぎ去ると「おい! もっともっと声出せんのかっ!!」と普段の柔和な語り口から一変した力強い口調でオーディエンスを煽り、男8号車の大歓声を集めた。

「Burn!」ではユースケが踊りながら「まだまだ行けんだろ!!」と絶叫。フロアに身を乗り出したコーイチはオーディエンスにマイクを向けて男8号車の声を求める。大サビではユースケの指揮のもと大合唱が起き、7人はにっこりと笑顔を浮かべながら舞台を躍動した。リョウガが「ラストスパート、もっと声出そうぜ!」と呼びかけると「fanfare」へ。メンバーは額に汗を光らせながら、ステージを全力で駆け巡った。

ラストナンバーを前に7人は男8号車へ感謝を伝える。カイは「男祭り、ずっと続けていきたいよね。男だけで代々木(第一体育館)を埋められるくらい、この楽しい空間を広げていきたい!」と声を弾ませ、ユーキは「今は1年に一度のペースだけど、春夏秋冬全部の季節にやりたい!」と提案した。そして、カイが「3月2日には大事なことがあります。タクヤ、言いたいことあるんだよね?」とタクヤに話題を振ると、ステージの中央に立ったタクヤは「私このたび、結婚いたします!」と突然の宣言。これは3月2日にリリースされる彼らの新曲のウエディングソング「Yell」に絡めたジョークだったが、男8号車は即座に「おめでとうー!」と祝福の言葉を送った。オーディエンスのノリのよさにコーイチは「お前らアホやろ(笑)」とツッコミを入れるも、これにますます盛り上がる男8号車は大きな「タクヤ」コールを発生させる。彼らの熱狂を受けたタクヤは、照れながらも「Yell」のワンフレーズをアカペラで歌い上げるサービスを返した。

本編の最後に届けられた「Yell」では、コーイチとタカシの優しい歌声がライブハウスを包み込む。ダンサーの5人も柔らかな笑みをたたえながら、しなやかなダンスを披露した。ステージを終えたタカシは「男祭り、これからもずっとやっていきましょう! みんなはそれでいいかな?」とフロアにマイクを向ける。タカシの呼びかけに、男8号車は「いいとも!」と大きな声を返していた。

超特急「超特急 BOYS GIG Vol.2」
2016年2月28日 表参道GROUND セットリスト

01. Superstar
02. Drive on week
03. Shake body
04. Believe×Believe
05. バッタマン
06. バッタマン
07. Kiss Me Baby
08. We Can Do It!
09. Time Wave
10. Beautiful Chaser
11. Burn!
12. 走れ!!!!超特急
13. fanfare
14. Yell
<アンコール>
15. OVER DRIVE

音楽ナタリーをフォロー