音楽ナタリー

松井玲奈ら出演「初恋芸人」主題歌にフラワーカンパニーズ書き下ろし曲

439

フラワーカンパニーズ

フラワーカンパニーズ

3月1日(火)より放送されるNHK BSプレミアム「初恋芸人」の主題歌をフラワーカンパニーズが担当する。

「初恋芸人」は同名小説を原作にした、売れない芸人と謎の美少女の恋模様を描いたラブコメディドラマ。キャストには柄本時生松井玲奈内田朝陽桜田通溝端淳平小堺一機らが名を連ねている。

主題歌に使用される楽曲「青い吐息のように」はこのドラマのために書き下ろされたもので、番組プロデューサーの北坊信一は「苦しみや悲しみを抱えながらも、前に進まなきゃならない時に、そっと背中を押して力になってくれる、そんな素敵な曲だと思います」とコメントしている。なお「青い吐息のように」は3月16日より、配信限定シングルとしてリリースされる。

北坊信一(「初恋芸人」プロデューサー)コメント

今回、ドラマ「初恋芸人」の主題歌として書き下ろされた「青い吐息のように」を初めて聞いた時、思わず心の中で大きくガッツポーズしてしまいました。
このドラマは、名もなき芸人が、生まれ初めて恋をして芸と恋の狭間で、もがき苦しみながら、芸人として一人の男性として成長していく物語なんですが、
主題歌となるこの曲はどんなに不器用で不格好でも、あきらめずに「夢」や「恋」に向かって前に進む事が大切なんだというドラマのテーマを表現し、その世界観にぴったりと合う曲だと感じました。
この「青い吐息のように」は、苦しみや悲しみを抱えながらも、前に進まなきゃならない時に、そっと背中を押して力になってくれる、そんな素敵な曲だと思います。

音楽ナタリーをフォロー