音楽ナタリー

お笑いコンビ流れ星、ヒャダイン曲でCDデビュー「目標は紅白」

968

小さい「合掌造り」のポーズを決める流れ星。

小さい「合掌造り」のポーズを決める流れ星。

お笑いコンビ・流れ星の歌ネタ「岐阜ミーチャンス」がシングル化され、10月14日にリリースされることが決定した。

これは彼らが本日8月23日に東京・渋谷公会堂で行った単独ライブツアー「☆街道」にて発表されたもの。このツアーで披露された「岐阜ミーチャンス」は作詞を流れ星、作曲をヒャダインこと前山田健一が手がけている。なおシングルのカップリングにはどぶろっくの江口直人が作詞作曲したナンバー「おんなじ拳」が収録される予定。

本日の公演前には流れ星への囲み取材が行われ、彼らはCDデビューへの思いや今後の展望などを語った。ちゅうえいはデビュー曲となる「岐阜ミーチャンス」について「僕ら2人とも岐阜県出身なので、岐阜のいいところを紹介する歌です」と解説。瀧上伸一郎も「岐阜の歌ってあまりないと思うんです。(竜鉄也の)『奥飛騨慕情』くらい(笑)。なので『奥飛騨慕情』に次ぐぐらいの岐阜の歌になったら」と語っていた。

また自身の出身地である下呂の「下呂市ふるさと観光大使」を務めるちゅうえいは「2人で岐阜県の観光大使になりたいです。いろいろやってきたけどなかなかなれないので、最終手段としてこっちから岐阜の歌を出します!」と訴え、瀧上も「これがダメだったら三重の歌とか出そうかと思ってます!」と強くアピールした。

記者から「今年はいろいろ芸人さんも歌を出していますが、ライバルはいますか?」と尋ねられると、2人は「彼らは芸人だけど、僕らはアイドルだからAKB48やタッキー&翼、超特急なんかには負けたくないですね。強いて言うならクマムシはすごいなと思います」と答えた。今後の目標を尋ねられると、瀧上は「やっぱり『紅白』じゃない?」とコメントし、ちゅうえいも「この衣装も紅白を意識していますしね。僕らは以前、このすぐ向かい側にあったキャパ70人くらいの『シアターD』っていう劇場でやっていて、次に渋谷公会堂に来れたので、さらに次にはお向かいのNHKで紅白を狙ってます!」と「紅白歌合戦」出場への意欲を口にした。

どぶろっく コメント

森慎太郎

流れ星さん、CDデビューおめでとうございます! 歌手としては先輩なので、アドバイスの1つでもと思っていたのですが、「おんなじ拳」を聴いて泣いてしまいました。流れ星さん、あんたらホントにいいコンビだよ!

江口直人

後輩として十数年見てきた流れ星お2人の背中。それをそのまま歌にしました。聴いていただいたらわかるはずです。そう。俺は流れ星が大好きなんです。

前山田健一 コメント

──流れ星との出会い
自分がMCをするテレビ番組にゲストで出演していただいたのが最初の出会いです。その頃は瀧上さんがあんなだとは思ってもいませんでした。残念です。
──流れ星の魅力
駐英さんのめくるめくギャグもそうですが、バカとインテリジェンスが交差するコントが最高に面白いです。瀧上さんのメロディアスタイムがノイズとなっていますが。残念です。
──「岐阜ミーチャンス」について
ネタが面白いのでストレートな曲を書こうと思ったら、普通にめちゃくちゃいい曲を書いてしまいました。ボーカルも素晴らしかったのですが、高まりすぎた瀧上さんの歌詞間違いが非常に残念です。

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】