音楽ナタリー

AKB48がNHK「みんなのうた」初登場、シャッター街の心温まる物語

344

AKB48

AKB48

AKB48の新曲「履物と傘の物語」が、NHK「みんなのうた」の2015年2、3月のオンエア曲に決定した。AKB48の楽曲が同番組で使用されるのは今回が初となる。

「履物と傘の物語」は地方都市のシャッター商店街にある履物屋と傘屋の物語を描いた楽曲。どちらの店もおばあさんが1人で切り盛りをし、2人は毎日のようにお互いの店を行き来するほどの仲よしだったが、2人ともほぼ同時期に亡くなってしまう。作曲は「心のプラカード」のカップリング「誰かが投げたボール」などを手がけた片桐周太郎。心温まるストーリーを、選抜メンバーの高橋みなみ、小嶋陽菜、渡辺麻友、島崎遥香、松井珠理奈、指原莉乃、柏木由紀、横山由依がしっとりと歌う。

このほか「みんなのうた」の2015年2、3月のオンエア曲として、岩男潤子の「ピヨの恩返し」も放送される。この曲は「みんなのうた」に数多くの楽曲を提供している谷山浩子が、岩男潤子をイメージして作詞・作曲した作品。現実と非現実の間を行く谷山浩子独特のメルヘンチックな世界感で、長年連れ添った夫婦を描いている。

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】