音楽ナタリー

スキマスイッチ、花嫁救出のため殺陣に挑戦

167

スキマスイッチの新曲「パラボラヴァ」のビデオクリップが完成し、YouTubeにてショートバージョンの映像が公開された。

「パラボラヴァ」は11月19日にリリースされるニューシングルの表題曲で、弾むようなメロディが印象的なポップなラブソング。柿本ケンサクが監督を務めたビデオクリップは、望まない政略結婚を控える花嫁から助けを求められたスキマスイッチが、彼女を救出するため奔走するストーリーが展開される。

映像の中で2人は公園で演奏したり、全力疾走したりと体を張ったパフォーマンスを披露。スタントマンを起用したアクションシーンもふんだんに盛り込んだ楽しい映像作品が完成した。なおショートバージョンでは観ることができないが、ラストでは“ボスキャラ”とも言える新郎とカンフー対決を繰り広げる一幕も。同シーンの撮影ではスキマスイッチの2人が、スタントなしで殺陣に挑戦している。

2人は撮影終了後、「今日は、時間は過去最高に長いわけではないけど内容が一番過酷でした。初めてのことが多かったけど楽しかったです。さわやかな疲れと達成感があります」とコメント。また「『パラボラヴァ』は純粋なラブソングで、スキマスイッチ史上最も“ラブ度”が高い仕上がりになっています。カラフルなアレンジも“ラブ度”を上げているので、ぜひ、ミュージックビデオと一緒に楽しんでください」と述べている。

なおスキマスイッチは「パラボラヴァ」リリース後に、自らのユニット名を冠したニューアルバム「スキマスイッチ」を12月3日に発表。さらに年明けより全国ツアー「スキマスイッチTOUR 2015 "SUKIMASWITCH"」を開催する。

音楽ナタリーをフォロー