音楽ナタリー

布袋寅泰「ルパン三世」彩る“極上のテーマ曲”書き下ろし

214

布袋寅泰が実写映画「ルパン三世」のメインテーマを担当することが明らかになった。

この映画は同名の人気漫画およびアニメを実写化したもの。主役のルパン三世を小栗旬が演じるほか、玉山鉄二や綾野剛、黒木メイサ、浅野忠信らが出演する。今回、布袋は映画のために新曲「TRICK ATTACK -Theme of Lupin The Third-」を書き下ろし。ミックスエンジニアには、「ダークナイト ライジング」や「アメイジング・スパイダーマン2」の劇伴を手がけたスティーヴ・リプソンを迎え、新たな“「ルパン三世」のテーマ”が完成した。

メインテーマを担当することについて布袋は「子供の頃からルパンを観て育った世代として、こうして音楽家として『ルパン三世』に関われるのは大変光栄であると同時に、大きなプレッシャーを背負うものだ。しかしプレッシャーは活かせば力となる」とコメント。さらに楽曲について「大胆でスピード感溢れる極上のテーマ曲が仕上がった」と自信をのぞかせた。また映画の主演を務める小栗は布袋が手がけた楽曲について「これがニュールパン三世だ、と胸を張れる新しい息吹を作品に吹き込んでくれるテーマ曲となりました。皆さんにも迎え入れて頂けると期待しています」と語っている。

なお映画は8月30日より全国ロードショー。公開に先駆け、映画オフィシャルサイトでは明日6月25日12:00から「TRICK ATTACK -Theme of Lupin The Third-」を使用した予告編がアップされる。ファンはぜひチェックしてみよう。

布袋寅泰 コメント

子供の頃からルパンを観て育った世代として、
こうして音楽家として「ルパン三世」に関われるのは
大変光栄であると同時に、大きなプレッシャーを背負うものだ。
しかしプレッシャーは活かせば力となる。
「新・仁義なき戦いのテーマ」を断っていたらタランティーノ監督との出会いはなかった。
バットマンやスパイダーマンを手掛けたスティーヴ・リプソン氏と共に
大胆でスピード感溢れる極上のテーマ曲が仕上がった。
期待してほしい。

小栗旬 コメント

僕たちも一生懸命試行錯誤して作り上げた実写版のルパン三世に、
布袋さんも一緒になって下さって新しいテーマ曲へのチャレンジはとても心強く、有難く。
そうしてできたこの楽曲は、
これがニュールパン三世だ、と胸を張れる新しい息吹を作品に吹き込んでくれるテーマ曲となりました。
皆さんにも迎え入れて頂けると期待しています。

音楽ナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【音楽ナタリー】