音楽ナタリー

タワレコ新宿15th企画でベビメタ、鬱P、ロティカら激突

305

「タワーレコード新宿店15周年大感謝祭スペシャル『15の夜。』」と題したイベントが10月18日に東京・赤坂BLITZにて開催された。

このイベントはタワーレコード新宿店のオープン15周年を記念したキャンペーンの一環として実施されたもの。メインアクトのBABYMETAL、浮気者(武瑠 / SuG)、鬱P、ピエール中野(凛として時雨)、ニューロティカが熱いライブを繰り広げたほか、DJ'TEKINA//SOMETHING(ゆよゆっぺ)が転換中の会場を数々のリミックス音源で盛り上げた。さらにイベントのオープニングにはタワレコ新宿店の15周年を祝うために“新宿2丁目”から小原たかきとマーガレットが登場し、オネエ口調の饒舌なトークで場内を沸かせた。

トップバッターで登場したのはBABYMETAL。メタルの神バンドを引き連れ「BABYMETAL DEATH」からライブの口火を切り、「メギツネ」「君とアニメが見たい ~Answer for Animation With You」などキャッチーなメタルナンバーでオーディエンスを熱狂へと誘う。その後YUIMETAL(Scream, Dance)とMOAMETAL(Scream, Dance)によるラップチューン「おねだり大作戦」をはさみ、SU-METAL(Vo, Dance)のシャウトが冴える「ヘドバンギャー」では会場全体がヘッドバンギングの嵐に包まれた。ラストナンバー「イジメ、ダメ、ゼッタイ」のイントロが鳴ると、フロア中央付近で観客同士がぶつかり合う激しいウォールオブデスが発生。そして最後は「We are BABYMETAL!」のコール&レスポンスでライブを締めくくった。

続く浮気者は1DJ+2ダンサーを従えた編成で出演。琴やししおどしのサウンドを織り交ぜた和洋折衷なエレクトロナンバー「I狂U」でセクシーな歌と踊りを披露すると、会場からは黄色い歓声が飛び交った。武瑠は「はじめまして、浮気者の武瑠です! 浮気者はSuGというバンドがありながらいろんなアーティストと“浮気をする”というプロジェクトです」と改めて自己紹介。そして「次は今日もDJで出演してるゆよゆっぺさんが書いてくれた曲をやります! 聴かないでください! 頭振ってください!」と煽り、キャッチーなメロディとダブステップ風サウンドのアッパーチューン「アンダーマイン」でフロアの観客を踊らせた。武瑠は「タワレコ新宿15周年おめでとう!」と話し、ラストにsadsの名曲「忘却の空」を熱唱してライブを締めくくった。

イベントの中盤には鬱Pが大凶作のDEATH姫(Vo)、エンジェル正岡(G)、隈(Dr)とともにステージに姿を現し、「馬鹿はアノマリーに憧れる」からハイテンションなライブをスタートさせる。鬱Pは「今日は時間がないんで4曲ぶっ続けでやってベビメタちゃんみたいにフレッシュでラウドなステージにしたいと思いますよろしく!」と挨拶し、「モンキーダンスの洗脳術」「骸Attack!!」を続けて投下した。ラストナンバーの前に鬱Pは「最初はどアウェイかと思ってましたけど、こんなにあったかいお客さんばかりだとアレができちゃうんじゃないかと思うんですけど!」と言いながら腕で円を描き、「左回りでやれちゃいますかねえ! 赤坂BLITZ、やれんじゃねえのか!」と叫ぶ。そしてラストには鬱P節炸裂の高速メタルナンバー「害虫」が届けられ、フロアではサークルモッシュが発生。彼らは終始観客を興奮の渦へと巻き込み、熱気の残るステージをあとにした。

続いてドラムセットとDJセットが並ぶステージに現れたのはピエール中野。アニメ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」のオープニングテーマ「inner universe」が流れる中、即興のドラムソロで観客の視線を釘付けにした。そしてでんぱ組.incの「でんでんぱっしょん」にあわせて怒涛のフィルを織り交ぜた演奏を見せつけていく。続くPerfumeの「レーザービーム」では楽曲のビートを際立たせるエッジの効いたドラムプレイで、会場をダンスフロアへと変貌させた。

DJブースに移ったピエール中野は「タワレコ15周年おめでとうございます! タワレコ新宿はすごくいいところです。俺はPerfumeの『ポリリズム』インストア行ったときにトートバッグ当てたから! 通えばいいことがある!」とタワレコ新宿店でのエピソードを語り、会場を盛り上げた。そしてドン・キホーテのテーマソング「ミラクルショッピング」からDJタイムをスタートさせ、「知ってる人は一緒に歌ってください!」と呼びかけた。その後も「ミュージックステーション」テーマ曲の松本孝弘「#1090~Thousand Dreams~」、嵐「A・RA・SHI」、影山ヒロノブ「CHA-LA HEAD-CHA-LA」など人気の楽曲を次々スピン。ラストはXの「X」で観客とともにXジャンプを繰り出し、大盛り上がりのステージを終えた。

イベントのラストを飾ったのはニューロティカ。アツシ(Vo)は大道芸さながらの“巨人”状態でステージに現れ、「こんばんは! 楽しんでますか! サビでタオルを振り回しましょう!」と促す。そして疾走感あふれるパンクナンバー「気持ちいっぱいビンビンビン!!」からフルスロットルのライブが展開。アツシ、KATARU(B)、サポートメンバーのRYO(G)はステージを駆けまわりながら「ROCK酒場でROCK!ROCK!ROCK!」「ア・イ・キ・タ」を畳み掛けていく。そしてアツシは「ニューロティカは来年結成30周年を迎えます。そんな来年に向けてこんな曲を作りました」と語り、前向きなメッセージを込めたアッパーチューン「青春山脈」を力強く熱唱した。その後「29年間歌ってます!」というシャウトから、彼らはラストナンバー「DRINKIN' BOYS」を披露。アツシはKATARUがステージを駆けまわっている間にマイクスタンドのマイク位置を高くしてシンガロングをしようとするKATARUを困らせるなどやんちゃな振る舞いで観客の笑いを誘う。バンドはハッピーな空気を演出しつつ、ライブ本編を終えた。

アンコールで登場したメンバーは「絶体絶命のピンチに尻尾を高く上げろ!」を披露する。曲の途中には司会の小原たかきとマーガレット、タワレコ新宿店の花野店長と店員、アツシと同じ格好のピエロ男たちが登場。にぎやかなステージでニューロティカは最後までエネルギッシュな演奏とパフォーマンスを届けて観客を魅了した。最後にアツシは「バカになったか! ロックンロール最高! タワレコ最高! ニューロティカ最高!」と叫び、イベントは大団円を迎えた。

音楽ナタリーをフォロー