音楽ナタリー

syrup16g

syrup16g

シロップジュウロクグラム

1993年に五十嵐隆(Vo, G)を中心に結成。当初は4人編成で「SWIMS」というバンド名で活動していたが、1996年にボーカリストが脱退し、五十嵐が新たにボーカルを担当。これを機にバンド名を「Syrup16g」に改名する。生と死など内相的で重苦しいテーマを題材にした歌詞と、欧米のギターロック/オルタナバンドにも通ずるサウンドで高い評価を得る。2002年にベーシストが現在のキタダマキに交代し、アルバム「coup d'Etat」でメジャーデビュー。その後も精力的な活動を展開し、2004年10月には日比谷野音ワンマンを大成功させる。しかし2007年12月に突然解散を発表。2008年1月にラストアルバム「Syrup16g」をリリースし、同年3月に行われた日本武道館公演をもって解散した。その後メンバーは個々に音楽活動を続けていたが、2014年6月に再始動を発表。8月に8作目となるオリジナルアルバム「Hurt」をリリースし、9月に東名阪ツアーを開催することをアナウンスした。

syrup16gのニュース

音楽ナタリーをフォロー