映画ナタリー

交通事故がきっかけの悪夢描く、金馬奨5部門ノミネート「目撃者 闇の中の瞳」予告

113

「目撃者 闇の中の瞳」

「目撃者 闇の中の瞳」

第54回金馬奨で、主演男優賞、助演男優賞、視覚効果賞、編集賞、音響効果賞の5部門で候補となっている台湾映画「目撃者 闇の中の瞳」の予告編がYouTubeで公開された。

台湾でロングランヒットを記録した本作は、新聞記者の男が衝突死亡事故の事故車を購入したことをきっかけに、悪夢に巻き込まれていく姿が描かれるサスペンススリラー。2016年の「菜鳥(原題)」で台北映画祭の最優秀助演男優賞を受賞したカイザー・チュアンが、新聞記者の主人公シャオチーを演じる。さらに、シャオチーを翻弄する魔性の上司・マギー役でシュー・ウェイニン、事件の鍵を握る被害者女性役で「モンガに散る」のアリス・クーが出演する。

予告編は、購入したばかりの中古車を運転するシャオチーが交通事故に遭うシーンからスタート。その車が以前にも事故を起こしていることを知ったシャオチーが、真相を調べる様子が切り取られていく。当時の事故の被害者女性シュー・アイティンが何者かに襲われる姿も収められた。

本作が2作目となるチェン・ウェイハオがメガホンを取った「目撃者 闇の中の瞳」は、2018年1月13日より東京・新宿シネマカリテほか全国で順次公開される。

(c)Rise Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー