映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

娼婦と娼館で働く青年兵が寄り添う、台湾映画「軍中楽園」ポスター到着

111

「モンガに散る」のニウ・チェンザーが監督を務めた「軍中楽園」の公開日が5月26日に決定。あわせてポスタービジュアルが到着した。

ホウ・シャオシェンが編集協力した本作は、1969年の金門島を舞台とする台湾映画。過酷な訓練で知られる“海龍蛙兵”(フロッグマン部隊)に配属されたあと、831部隊と呼ばれる娼館に転属となった20代の青年ルオ・バオタイの姿を追う。「モンガに散る」に主演したイーサン・ルアンがルオ・バオタイを演じる。娼館で働く影のある女性・ニーニーを演じたレジーナ・ワンは第51回金馬奨の最優秀助演女優賞、大陸出身の老兵ラオジャン役のチェン・ジェンビンは最優秀助演男優賞をそれぞれ受賞した。

ポスタービジュアルには、ルオ・バオタイとニーニーが寄り添うさまが切り取られている。第65回ベルリン国際映画祭パノラマ部門に出品、第19回釜山国際映画祭オープニング作品に選出された「軍中楽園」は東京・ユーロスペース、神奈川のシネマ・ジャック&ベティ、大阪・シネマート心斎橋ほか全国にて順次公開される。

(c)2014 Honto Production Huayi Brothers Media Ltd. Oriental Digital Entertainment Co., Ltd. 1 Production Film Co. CatchPlay, Inc. Abico Film Co., Ltd All Rights Reserved

映画ナタリーをフォロー