映画ナタリー

エライザやで、俺やで、タカシやで!「一礼して、キス」キャストが大阪でアピール

614

「一礼して、キス」舞台挨拶の様子。左から中尾暢樹、池田エライザ、松尾太陽。

「一礼して、キス」舞台挨拶の様子。左から中尾暢樹、池田エライザ、松尾太陽。

一礼して、キス」の公開を記念した舞台挨拶が、11月12日に大阪・なんばパークスシネマにて開催。キャストの池田エライザ中尾暢樹超特急のタカシこと松尾太陽が出席した。

舞台挨拶の冒頭で、池田は「エライザやで!」と松尾のおなじみの挨拶を真似しながらポーズを決め、中尾も「大阪のみんな……俺やで!」と続けて会場を盛り上げる。2人の自己紹介を受けて松尾が「皆さん、ほんまもんのタカシやで!」と挨拶した際には、ファンから大きな歓声が上がった。

イベントでは、登壇者たちが劇中のセリフを関西弁にアレンジして披露することに。トップバッターの池田は、MCや松尾から指導を受けながら「今から練習なん? がんばってな!」と口にして、松尾から「100点!」と太鼓判を押される。2番手の中尾は「もっとちゃんと俺のもんになってな」「好きだからやで!」と2種類のセリフを披露し、合わせ技で松尾から100点の評価をもぎ取った。そしてラストを飾ることになった松尾が「もっとちゃんと俺のもんになってや!」と決めると会場が拍手に包まれ、中尾は感心した様子で「これか!」とコメントしていた。

「一礼して、キス」は、高校3年生の弓道部部長・岸本杏と、彼女が弓道をする姿に恋した後輩・三神曜太の関係を描くラブストーリー。全国の劇場で上映中。

(c)2017加賀やっこ・小学館/「一礼して、キス」製作委員会

映画ナタリーをフォロー