映画ナタリー

三船敏郎のドキュメンタリー公開、EXILE AKIRAがナレーションを担当

126

三船敏郎(右)

三船敏郎(右)

三船敏郎のドキュメンタリー「MIFUNE: THE LAST SAMURAI」が2018年春に日本で公開される。

黒澤明の「用心棒」「赤ひげ」でヴェネツィア国際映画祭の男優賞を2度受賞し、日本だけでなく海外のさまざまな映画人から敬愛された三船の生涯をたどる本作。香川京子司葉子土屋嘉男加藤武八千草薫中島春雄役所広司スティーヴン・スピルバーグマーティン・スコセッシらが出演し、海外版ではキアヌ・リーヴスがナレーションを担当した。日本版ではEXILE AKIRAがナレーターを務める。監督は「ヒロシマナガサキ」「収容所の長い日々/日系人と結婚した白人女性」のスティーヴン・オカザキ

なお三船の軌跡をたどる展覧会「『世界のミフネと呼ばれた男』 三船敏郎 映画デビュー70周年記念展」が、明日10月19日より東京・東急百貨店本店にて開催される。同イベントではAKIRAのコメントや、彼がナレーションを行う様子を収めた映像も公開される予定だ。

東急百貨店本店 開店50周年記念 「世界のミフネと呼ばれた男」 三船敏郎 映画デビュー70周年記念展

2017年10月19日(木)~31日(火)東京都 東急百貨店本店3階イベントサロン
入場時間:月~木・日曜日 10:00~19:00(入場は18:30まで)、金・土曜日 10:00~19:30(入場は19:00まで)
※10月31日(火)10:00~17:00(入場は16:30まで)
入場料:700円

(c)2016 “MIFUNE: THE LAST SAMURAI” Film Partners 写真(c)TOHO CO., LTD.

映画ナタリーをフォロー