映画ナタリー

山田涼介が西田敏行からの手紙に涙、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」初日舞台挨拶

2237

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」初日舞台挨拶の様子。左から廣木隆一、村上虹郎、門脇麦、西田敏行、成海璃子、寛一郎。

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」初日舞台挨拶の様子。左から廣木隆一、村上虹郎、門脇麦、西田敏行、成海璃子、寛一郎。

ナミヤ雑貨店の奇蹟」の初日舞台挨拶が、本日9月23日に東京・丸の内ピカデリーで行われ、キャストの山田涼介Hey! Say! JUMP)、西田敏行村上虹郎寛一郎成海璃子門脇麦、監督を務めた廣木隆一が登壇した。

東野圭吾の同名小説を映画化した本作は、西田扮する浪矢雄治がかつて悩み相談を請け負っていた“ナミヤ雑貨店”を舞台に、時を超えてつながる人々の姿を描いたヒューマンドラマ。ナミヤ雑貨店に忍び込む養護施設育ちの青年・敦也を山田が演じた。

MCより撮影中の印象的な出来事を問われた廣木は、山田、村上、寛一郎が3人一緒になって走るシーンに言及し「3人とも足が速すぎる。毎回全力疾走だから、カメラが追いつかなかった」と一言。村上が「山田くんがまったく遠慮しないんですよ!」と反応すると、山田は「走るのに遠慮するも何もないでしょ(笑)」と返す。寛一郎は「走りすぎてお腹が痛くなっちゃいました」と振り返った。また村上が「山田くんが長男で、自分が次男で、寛一郎が三男で。演じてるときは兄弟感がありましたね」と話すと、山田は「特にお兄ちゃんっぽいことはしてないんですけど、休憩中に2人が口開けて爆睡してたんですよ。それ見たら、微笑ましいなってお兄ちゃんの感情になりましたね」と同意した。

物語にちなみ、手紙にまつわるエピソードをキャスト陣が語る場面も。ジャニーズに入った頃に幼なじみと埋めたタイムカプセルを、最近掘りだしたという山田。「20歳を過ぎた自分へみたいな手紙が入ってて。『デビューして東京ドームでライブをしてる! 家族には白い家を買ってる』って。とりあえず、ドームは叶ったから、あとは白い家だな(笑)」と内容を明かした。そして、当時ハマっていたトレーディングカードがボロボロになっているのを見て、時の流れを感じたという。門脇は思春期の頃にやり取りしていた母親との置き手紙を回想。「母親が忙しくて、素直に心情を吐露する機会がなかったんです。普通のコピー用紙に今日あったことを走り書きして。朝見ると、返事が書いてあるみたいな。今読み返してみると、昔はこんなこと考えてたんだって思えて面白いです」と語った。

イベントも終盤、西田が直筆のサプライズレターを山田へ読み上げる場面も。俳優として、アイドルとして活躍する山田の芸能活動を慮る内容に、山田の目にも自然と涙が。山田は深々と礼をした後、「なんでこんなに僕のことをわかるんだろうなって。恥ずかしい」と涙がこぼれぬよう天井を見上げる。西田は「僕、山田くん好きですねえ。いいやつですよ」としみじみと述べ、手紙を渡しイベントは幕を閉じた。

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は、全国でロードショー。

(c)2017「ナミヤ雑貨店の奇蹟」製作委員会

映画ナタリーをフォロー