映画ナタリー

「スター・ウォーズ」エピソード9の監督がJ.J.エイブラムスに決定

513

2015年12月10日、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」ジャパンプレミアに登壇したJ.J.エイブラムス。

2015年12月10日、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」ジャパンプレミアに登壇したJ.J.エイブラムス。

「スター・ウォーズ」エピソード9の監督が、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」でメガホンを取ったJ.J.エイブラムスに決定した。

これは「スター・ウォーズ」シリーズのアメリカ版公式サイトにて現地時間9月12日に発表されたもの。当初エピソード9は「ジュラシック・ワールド」のコリン・トレボロウが監督する予定だったが、9月5日に降板が発表されていた。J.J.は監督だけでなく「アルゴ」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」のクリス・テリオとともに脚本も手がける。

2019年12月20日にアメリカで公開されるエピソード9は、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」から始まる新3部作の最終章。プロデューサーを務めるキャスリーン・ケネディは「『フォースの覚醒』で、J.J.エイブラムスは私たちが望んでいたことのすべてを実現してくれました。彼がこの3部作を締めくくってくれることに、私はとても興奮しています」とコメントを寄せている。

なおエピソード8にあたる「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は12月15日より全国公開。

映画ナタリーをフォロー