映画ナタリー

桐山漣&菅田将暉「仮面ライダーW」続編がマンガ化、TVシリーズのスタッフ集結

1286

特撮ドラマ「仮面ライダーW」の続編にあたるマンガ「風都探偵」の連載が、週刊ビッグコミックスピリッツにてスタートする。

「仮面ライダーW」は、2009年から放送開始された平成仮面ライダーシリーズ第11弾。桐山漣演じる左翔太郎と菅田将暉扮するフィリップ、“2人で1人”の仮面ライダーの活躍が描かれた。

「風都探偵」は、テレビドラマ最終回直後の物語がつづられる完全新章。ミュージアムが滅び、平和が訪れたはずの風都で、翔太郎とフィリップが謎の勢力に戦いを挑む。脚本は、テレビシリーズや劇場版でおなじみの三条陸が手担当。プロデューサーの塚田英明が監修を務め、テレビシリーズと同じく寺田克也がクリーチャーデザインを手がける。

マンガを担当する佐藤まさきは「自分のベストを尽くして、風都とそこに生きる人々をせいいっぱい描いていきますので、応援よろしくお願いいたします」とコメントを寄せた。

「風都探偵」は、8月7日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ36・37号合併号より、毎週18ページのボリュームで連載される。

※桐山漣の漣はさんずいに連が正式表記

佐藤まさきコメント

熱烈な支持を集める作品を預けていただいて緊張しています。
まさか自分も夢中でテレビで見ていたこの作品に関わらせていただけるなんて夢のようです。
大好きな「邪聖剣ネクロマンサー」「ダイの大冒険」など、たくさんの作品を手掛けられている三条先生の脚本にこたえられるよう自分のベストを尽くして、風都とそこに生きる人々をせいいっぱい描いていきますので、応援よろしくお願いいたします。
寺田先生のデザインされたドーパントも漫画でしか描写できないような アイデアにあふれたものばかりで、どうやって描こうかと今からワクワクしております。

映画ナタリーをフォロー