映画ナタリー

池松壮亮が髪を切らない理由とは?「母親にもメールでよく怒られる」

383

池松壮亮

池松壮亮

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の舞台挨拶が昨日6月17日に東京・ヒューマントラストシネマ有楽町で行われ、キャストの池松壮亮が出席した。

最果タヒの詩集をもとにした本作は、生きづらさを抱えながら東京で暮らす男女の姿を描いたラブストーリー。工事現場で日雇いの仕事をする青年・慎二を演じた池松は「物語に触れることはとても大事だと思っています」「自分がどういう時代に生きていて、どういった社会、映画が作られているかということに無責任になりたくないなと感じています」とコメントする。

イベントでは、池松が観客から質問を募る場面も。「髪を切らないんですか?」という問いに、池松は「母親にもメールでよく怒られるんですが、役柄のため以外に髪の毛を切らない俳優ってウケるかなと(笑)」と茶目っ気たっぷりに答える。また「セリフの覚え方を役によって変えているのか?」と尋ねられると、「石井さんの作品ではシーンによって変えました。感情をむき出しにするシーンでは、セリフに書かれているワードだけ覚えていったらニュアンスが少し違ったりして、現場で怒られたこともありましたね」と撮影エピソードを明かした。

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」は全国の劇場で上映中。

(c)2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

映画ナタリーをフォロー