映画ナタリー

野村周平、古川雄輝出演「ライチ☆光クラブ」ソフト化、コレクターズ版は特典映像付き

1941

「ライチ☆光クラブ」

「ライチ☆光クラブ」

野村周平古川雄輝間宮祥太朗の共演作「ライチ☆光クラブ」のBlu-ray / DVDが、8月3日に発売される。

古屋兎丸の同名マンガを原作とした「ライチ☆光クラブ」は、大人になることを拒んだ9人の少年たちの愛憎と裏切り、そして彼らが作ったロボット“ライチ”と美少女カノンの恋を描くダークファンタジー。野村と古川、間宮のほかには、中条あやみ池田純矢松田凌戸塚純貴柾木玲弥藤原季節岡山天音が出演に名を連ねる。監督は「先生を流産させる会」の内藤瑛亮

Blu-rayとDVDは、それぞれコレクターズエディションとスタンダードエディションが発売される。なおコレクターズエディションには、特典としてメイキング映像や舞台挨拶の模様を収めたDVD、ポストカードセット、未公開シーンを含む縮小版のシナリオなどが付属する。

内藤瑛亮 コメント

本作は中二病についての寓話です。
大人になることを否定した少年たちがしたのは、ロボットを作り上げたことと、美少女を誘拐したことと、互いを傷つけあったことです。
鬱屈とした思春期を過ごした人間は、彼らの持つ幼児性と暴力性に懐かしさを覚えるかもしれません。
だから、自らが生み出したロボットによって、幼くて危うい中二病的欲望が破壊されることにカタルシスがあるのだと思います。
キラキラした青春映画は日本で多く作られていますが、キラキラしていない青春を送っている人ほど、映画が必要です。
そういう人たちにとって、黒い煙と赤い血に染まったこの映画は救いになると思っています。

(c)2016「ライチ☆光クラブ」製作委員会

映画ナタリーをフォロー