映画ナタリー

「デスノート 2016」戸田恵梨香が弥海砂役で再出演、アイドルだったミサミサが女優に

1572

「デスノート 2016」の封切りが10月29日に決定。そして、2006年公開の「DEATH NOTE デスノート」キャストである戸田恵梨香が、同じ弥海砂(あまねみさ)役で出演することが明らかになった。

本作は、大場つぐみ小畑健によるコミックを原作とした「DEATH NOTE デスノート」シリーズの最新作。“キラ”こと夜神月とLの死から10年後の世界で、6冊のデスノートを巡る争奪戦が描かれる。「図書館戦争」シリーズの佐藤信介が監督を務め、東出昌大池松壮亮菅田将暉川栄李奈の参加が明らかになっている。

2006年の「DEATH NOTE デスノート」は、戸田のスクリーンデビュー作にもあたる。同作と後編の「DEATH NOTE デスノート the Last name」、そしてスピンオフ「L change the WorLd」で彼女が演じた海砂は、トップアイドルでありながら死神に魅入られてデスノート保持者となった人物。愛する月のために“第2のキラ”となり、自らの残りの寿命の半分を差し出す契約によって“死神の目”を手に入れる。「デスノート 2016」での海砂は、10年前にデスノート所有権を放棄したことでノートに関する記憶を失っており、月への思いを持ち続けたまま女優として活動中。しかしデスノート争奪戦が繰り広げられる世界では、月とLの戦いを知る海砂の記憶が鍵となり、それを狙う人物も現れる。

今回の発表にあたり、戸田は「嘘でしょ!と思いました」とコメントを発表。「当時に戻れるのか、戻っていいのか? 戻るべきなのか、進むべきなのか? いまの自分だったら、海砂をどう演じられるのだろうか? というところでとても悩みました」と心境を明かしている。

戸田恵梨香 コメント

嘘でしょ!と思いました。本当ですか?って(笑)。10年前の作品で月とLも亡くなっているし、当時も10年後の物語を作ることはないだろうと思っていたので本当に驚きました。
今回の参加は恐怖の方が強かったです。スクリーンデビューさせていただいた作品なので、思い入れは強くて。10年前の「デスノート」のときはまだまだ新人で、役者を始めて1年も経っていないのにとても大きな作品に参加させていただいたので、芝居もままならない状態でした。だから前作を観ると恥ずかしくて仕方がないんですけど、今回はその当時に戻れるのか、戻っていいのか? 戻るべきなのか、進むべきなのか? いまの自分だったら、海砂をどう演じられるのだろうか? というところでとても悩みました。
10年経ったいま、「デスノート」を通してまた改めて伝えられるメッセージがあるのかもしれないなと思います。

佐藤信介 コメント

海砂。それは、デスノート事件で生き残った伝説の人物。海砂は今、何を想い、新たな事件にどう関わるのか。戸田恵梨香さんの登場は、物語の一つの柱となり、そしてこの続編に、デスノートの息吹をふき込みました。

佐藤貴博(プロデューサー)コメント

戸田恵梨香さんの演じる弥海砂の復活は、10年後の「デスノート」を企画するにあたり、必ず実現させたいと思っていたことです。戸田さんも大きなプレッシャーを感じていたそうですが、それを乗り越えて美しく魅力的な「10年後の弥海砂」を作り上げるために、衣装やメイク、脚本にも沢山のアイデアを提供してくれました。
10年前デスノートを使用していながら、唯一生き残った海砂が、6冊のデスノートとどのように関わっていくのか? デスノートの記憶の行方は? そして夜神月を愛する感情がどのように動いていくのか…。新キャラクターとの絡み合いとともに、物語の重要なカギを握る弥海砂にご期待ください。

(c)大場つぐみ・小畑健/集英社 (c)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

映画ナタリーをフォロー