コミックナタリー

西島大介「すべちょ」が広島本大賞に&SFマガジンで連載

146

西島大介の「すべてがちょっとずつ優しい世界」が、第3回広島本大賞を受賞した。

広島本大賞は、広島県の書店員とタウン誌出版4社が地元ゆかりのご当地本から大賞を選ぶローカル賞。第1回はフィクション、第2回はノンフィクションと対象ジャンルを絞ってノミネート作品を選んでおり、第3回はマンガがテーマになっている。

「すべてがちょっとずつ優しい世界」は直接的に広島を舞台にした物語ではないが、原発問題をテーマにしていること、強いメッセージを作品に込めて広島から発信したことが受賞の決め手となった。また特別賞には松田洋子の「ママゴト」が選出。広島本大賞では大賞作のみ発表されるのが通例だが、「ママゴト」は「絆」をテーマにしたストーリーが高く評価され特別賞を設けるに至ったと、公式Facebookページで経緯が説明されている。

なお西島は3月25日に発売されるSFマガジン5月号(早川書房)から、広島移住後の生活を描いたエッセイマンガ「All those moments will be lost in time」を連載開始。また広島県広島市のアステールプラザで7月20日・21日に開催される第52回日本SF大会にも出演する。西島がSF大会に出るのは、2003年以来10年ぶり。

第3回広島本大賞ノミネート作品

石田敦子「球場ラヴァーズ」
こうの史代「夕凪の街 桜の国」
東風孝広「カバチタレ!」
西島大介「すべてがちょっとずつ優しい世界」
野村知紗「看護助手のナナちゃん」
野村宗弘「とろける鉄工所」
松田洋子「ママゴト」
村上たかし「星守る犬」
山岸凉子「夏の寓話」

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【ナタリーストア】