コミックナタリー

「ちはやふる」出演権がチャリティオークションに出品

199

ひうらさとるらマンガ家自らが東日本大震災の被災地を取材し、現地で生まれたさまざまなエピソードをマンガにした「ストーリー311」。その執筆作家が参加するチャリティオークションに、末次由紀「ちはやふる」への出演権が出品されている。

これは落札者が「ちはやふる」内のライバルやクラスメイト、またはかるた教室の先生や生徒として登場できるというもの。どのキャラと同じシーンに登場したいかなど、役どころのリクエストも可能だ。入札期限は3月20日の20時4分まで。

また参加作家6名が寄せ書きした、「ストーリー311」のサイン本も出品中。ひうらと末次をはじめ、うめ、岡本慶子、さちみりほ、新條まゆのサインとイラストが記されている。こちらは3月23日20時39分に入札受け付けを終了する。

出品されるアイテムは週ごとに変更。今後はひうら、さちみ、うめのほか、ななじ眺、樋口橘、上田倫子、東村アキコらも出品予定。詳細は追って発表していく。

「ストーリー311」は、Kiss(講談社)の無料WEBマンガサイト・デジキスで連載されていたオムニバス。単行本の印税と利益の全額、および電子書籍の著作権料と利益の全額が、震災復興の寄付金に充てられる。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】
  • コミックナタリー大賞