「北斗の拳」がギャグアニメに、大地丙太郎監督でTV放映

 
mixiチェック

2013年1月25日 21:04 592

イメージ

アニメ版「DD北斗の拳」のビジュアル。(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983, (C)DD北斗の拳 2013

イメージ

武論尊原作による原哲夫「北斗の拳」をギャグタッチにしたTVアニメ「DD北斗の拳」が、今春より放送開始される。原作マンガの誕生30周年を祝した記念作品だ。

「DD北斗の拳」は核の脅威が訪れなかった平和な世界で、北斗神拳の使い手たちが暮らしているという設定。月刊コミックゼノン(徳間書店)にてカジオが執筆している同名作品が下敷きになっている。アニメを監督するのは「ギャグマンガ日和」の大地丙太郎。原作のシリアスな雰囲気を吹き飛ばす脱力ギャグに期待しよう。

ナタリーストア「ピンポン」グッズ
ナタリーストア「TOKYO CULTUART by BEAMS × egicco」グッズ
コミックナタリーpresents 現役マンガ編集者142人が年度折り返しの秋に選ぶ、この1年間に刺激を受けたマンガBest100。「コミックナタリー大賞 2013」公式サイト
コミナタ漫研 / マンガ家が語る「いま面白いマンガ」月例トークイベント全記録
コミックナタリーのニュースをTwitterでフォロー!