コミックナタリー

市川ラクがフィーヤン初登場、元町夏央も新連載スタート

40

本日8月8日に発売されたフィール・ヤング9月号(祥伝社)にて、市川ラクの新連載「みどりの紅」と、元町夏央の新連載「flim flam-フリム フラム-」がスタートした。

「みどりの紅」は、母の言いつけを守り生真面目に生きる清子と、奔放に生きる美しき隣人・美登利、対照的なふたりの女性を描いた作品。月刊コミックビーム(エンターブレイン)などで活躍する市川が女性誌に執筆するのは、今回が初めて。一方「flim flam-フリム フラム-」は、出会って4カ月でスピード婚をしたが、夫と考え方が合わず苦悩する主人公の姿を描いた新作だ。

ほかにも今号には、ヤマシタトモコの描き下ろしイラストを使用したクリアファイルが付属。クリアファイルはB6サイズで、ヤマシタのイラストがスタイリッシュにデザインされている。なおヤマシタの新刊「ひばりの朝」1巻は本日発売。「ひばりの朝」は巻頭カラーで登場した。また巻頭には、河内遙「夏雪ランデブー」のピンナップを封入。岡崎京子「ヘルタースケルター」の特集記事も収録されている。

コミックナタリーをフォロー