コミックナタリー

武井宏之の読切「ヤハべえ」掲載と同時にCGムービー公開

108

武井宏之の読み切り「ヤハべえ」が、本日8月4日に発売されたジャンプスクエア9月号(集英社)に掲載されている。

「ヤハべえ」は、カードバトルに負け絶望する主人公・羊介の前に、謎のロボットが現れるところから始まるファンタジー。センターカラー42ページで登場した。

また本日より「ヤハべえ」の約20分にわたるCGムービーを配信。これは最先端のCG技術「TomoToon」で作られた映像で、スマートフォンにて閲覧できる。ファンは、ジャンプスクエア9月号に付いているQRコードからアクセスしてみよう。

「TomoToon」はマンガの原稿をもとに、CG技術を駆使してムービーを制作する新技術。マンガ掲載と同時にムービーを公開するため、武井から原稿が上がった後、台湾で総勢450人にのぼるスタッフがCGを制作した。

■「ヤハベえ」TOMOTOONトレーラー(30秒Ver.)

コミックナタリーをフォロー