コミックナタリー

東村アキコ、みうらじゅん、山田章博が精華大客員教授に

417

東村アキコ、みうらじゅん、山田章博が、2013年4月1日に京都精華大学マンガ学部マンガ学科の客員教授に就任することが決定した。これはギャグマンガコース、キャラクターデザインコースの新設などを含む、2013年4月のマンガ学部改編に伴うもの。

みうらは年2回程度の特別講義を担当。マンガ家以外にイラストレーターや作家、ミュージシャンなど幅広く活躍していることから、マンガ学部のみならず他学部の生徒も受講できる形式での開講を目指す。東村は主にギャグマンガ領域を担当し、同じく年2回程度の特別講義を開講。学生とともに作品を作る、ワークショップ形式での授業も予定されている。山田は主にキャラクターデザイン領域を担当。月1回程度学生への作画指導を行うほか、多岐にわたるコンテンツ業界での経験を講義していく。

なお7月28日・29日開催のオープンキャンパスでは東村の原画展が開かれ、「海月姫」や「ママはテンパリスト」の原画の一部を公開する。原画展にはオープンキャンパスの参加者以外も入場できるため、ファンは足を運んでみては。

みうらじゅんコメント

人と同じようなことをする時期が過ぎると、人と違ったことを考えなきゃダメだって思う時期がやって来ます。ほとんどやり尽くされてるような気がしますが、隙間は必ずどこかにあるもんです。今から見つける癖をつけておく。それが私の授業です。

東村アキコ コメント

今の日本に「笑い」は絶対必要です。マンガはいつの時代も日本中の子供達に、そしていい大人達にもたくさんの笑いを与え続けてきました。ギャグマンガとは、読んだ人を笑わせようと思って描くのではなく、まず自分が楽しんで描くことが一番大事です。楽しんで描くためにはどうすればいいのか、それを私が学生の皆さんに教えられたらいいなと思っています。テクニックにとらわれず、プロになりたいという夢にがんじがらめにならないよう、自由な発想でマンガを描ける未来のギャグマンガ家を精華大学から輩出していけるよう頑張ります。

山田章博コメント

あらゆるキャラクターの造形について、僕が経験した考える道筋と、手で表現する方法をお伝えしたいと思います。いかなる架空世界の住人も、現実と完全に無縁ではあり得ません。まず僕達の生きている世界から始めましょう。

東村アキコ原画展

日時:2012年7月28日(土)、29日(日) 10:00~16:00
会場:京都精華大学自在館3階

コミックナタリーをフォロー

  • >読者アンケート実施中
  • コミックナタリー大賞