安野モヨコ(Moyocoanno)という名前の小惑星が誕生

 
mixiチェック

2012年4月12日 12:00 273

イメージ

安野モヨコが朝日新聞にて連載中の「オチビサン」4巻。

安野モヨコから名前を取った小惑星「安野モヨコ(Moyocoanno)」が、去る4月6日に誕生した。

この小惑星は発見者である久万高原天体観測館の藤田康英氏が、安野の夫・庵野秀明と高校時代からの友人だった縁から命名された。また過去に、同じ観測館の中村彰正氏が発見した小惑星に「庵野秀明(Hideakianno)」と命名していた経緯もあり、藤田氏は兼ねてから「小惑星のWアンノ」を考えていたという。日本人の女性マンガ家で小惑星に名前がつくのは初。

「安野モヨコ(Moyocoanno)」は火星と木星の軌道の間にある、微小な天体の1つ。推定直径は5kmで、周期5.49年で太陽の周りを1周する。2006年10月25日の第1発見から観測が続けられ、その軌道が確定したことから発見が報告された。

安野モヨコ「オチビサン (4)」

[漫画] 2011/08/19発売 630円 朝日新聞出版 978-4022508881

Amazon.co.jpでチェック

ナタリーストア「ピンポン」グッズ
ナタリーストア「TOKYO CULTUART by BEAMS × egicco」グッズ
コミックナタリーpresents 現役マンガ編集者142人が年度折り返しの秋に選ぶ、この1年間に刺激を受けたマンガBest100。「コミックナタリー大賞 2013」公式サイト
コミナタ漫研 / マンガ家が語る「いま面白いマンガ」月例トークイベント全記録
コミックナタリーのニュースをTwitterでフォロー!